麒麟

ここでは、「麒麟」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
所属事務所:吉本興業
メンバー :川島 明(1979.2.3生まれ・AB型・ボケ)
       田村 裕(1979.9.3生まれ・O型・ツッコミ)


大阪NSCで出会いコンビ結成、共に20期生。同期にアジアン、ソラシド等。
コンビ名の由来は二人ともヌボーと顔が長くて草食系で、当時、コンビ名が漢字なのは
珍しく目立つのではないかと思ったから。
互いの第一印象は、川島→田村「アホ」、田村→川島「気持ち悪い」とあまり良いものでは
なかった。川島は、かなりの人見知りで、友達どころかコンビになる人も見つからなかったが
そんな中、コンビを解散したばかりの田村に、「お前の相方になったる!」と猛アタックされた。
川島は、「他の普通のヤツでダメやのに、俺となんて長く続くはずが無いだろう」と思いながら、
執拗に自分の面白さをアピールする田村に負け、コンビ結成を承諾した。
しかし川島さんは、「自分はどうせ、近い内に捨てられる」と思って、田村さんを信用できずにいた。
ネタをやっても受けず、「もうこれで、俺とではダメと分かったやろう。とうとう解散やな」
と思って、ちょっと泣きそうになっていた川島に、田村さんは「残念やったけど、頑張ろう!」と
笑顔で言った。それを聞いて、川島さんは、ずっと田村を信じていこうと思った。
田村も一発ギャグなど、受けないとわかってても前に出て披露できるのは、絶対に川島が
何か言ってフォローしてくれると信じているから。

コンビ結成後のNSCのクラス分けでは、最低のCクラスに最後まで在籍していた。

コンビ共に次長課長にかわいがられており、次長課長が東京へ進出する際はコンビ揃って号泣。



【受賞歴】

2001年 笑わん会優秀賞
2001年 M-1グランプリ5位
2002年 ABCお笑い新人グランプリ優秀新人賞
2003年 上方お笑い大賞新人賞
2003年 M-1グランプリ8位
2004年 NHK上方漫才コンテスト優秀賞
2004年 NHK新人演芸大賞大賞(演芸部門)
2004年 上方お笑い大賞最優秀新人賞
2004年 M-1グランプリ3位
2005年 上方漫才大賞新人賞
2005年 MBS新世代漫才アワード優勝
2005年 M-1グランプリ3位
2006年 M-1グランプリ3位
2008年 BGO上方笑演芸大賞広告代理


【パーソナルデータ:川島 明】

京都府宇治市出身。
相方田村の入籍はニュースで知った。


【パーソナルデータ:田村 裕】

大阪府吹田市出身。
後輩思いで、「ホームレス中学生」が売れた印税で後輩にご飯や洋服をおごってあげたりした。
本社などでバッタリ出会っただけの後輩も「腹減ってないか?」といい、高級焼き肉に連れて
行ってあげる。
悲惨な家庭状況で高校の時本当に死にたいと思っていた時、担任の先生に『田村君の笑顔が
クラスを和ませるんだよ』と言われもう少し生きてみようと思い、これをキッカケに芸人になった。
かなりの天然で、自転車でコンビにに行ったことを忘れて歩いて帰ったり、靴を履こうとして
つま先をトントンとして、その音が誰かがドアをノックしてる音だと思って返事をしたり。

2011年7月7日に一般女性と入籍。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。