佐久間一行

ここでは、「佐久間一行」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
所属事務所:吉本興業
メンバー  :佐久間一行 ・ピン芸人 (1977.9.3生まれ・A型)



茨城県水戸市出身。愛称、さっくん。NSC2期生。

芸人になろうと思ったキッカケは、中学生の時に転任する先生のお別れ会でやった一発ギャグが
ウケたことから。
高二の時、友達にNSCに誘われ一緒に芸人の道を目指していたが、その友達はすぐに気が変わり
入学前にやめてしまった。ちなみに佐久間の通っていた高校は進学校であったため、進路に関する
二者面談があり、佐久間がそこで先生に「NSCに行くので大学には進学しません!!」と言ったところ
佐久間が先生のいる前ではふざけず真面目なキャラを演じていたこともあり先生から
「オレは一度もお前を面白いと思ったことはないぞ?」というダメ出しをくらった。

ザリガニとT-BOLANをこよなく愛しており、小学生のときザリガニの取り方が、
「業者のとりかただ!」と言われたことがある。
一時期、ザリガニを200匹ほど(子ザリガニを含め)飼っていた。
主に1人コントを行う。茨城訛りの早口で主役も演じながら状況説明も自ら行うため、
独特な雰囲気をかもし出している。観客が状況を把握できてなさそうなときは
「ついてこーい」または「つたわれー」というギャグでつかむ。
そしてネタの終わりには「くるっと平和解決」で締めくくる。

2004年、2006年のM-1グランプリには同じく吉本興業所属のピン芸人あべこうじと組み、
『あべさく』として3回戦進出。あべこうじとは休みの日も一緒にいることがあるほど仲が良い。
いつもの衣装は自作のTシャツ、手ぬぐい、ジャージ。自作のTシャツは、毎年夏の単独ライブで
デザインが変わり、常澄村に伝わるダイダラボウが主役で物語になっている。
手ぬぐいは首に巻いており、365枚以上持っていて、そのほとんどがファンからのプレゼント。
ジャージは膝までまくっていて、色が1年ごとに変わる。ちなみに2008年はピンク、2007年は赤、
2006年は紫色、2005年は緑色、2004年は黄色であった。その前に水色、オレンジ、青の時期もあった。
下ネタが非常に嫌いで、そういう話を振られるとキレる。
少年少女の二人にザリチン先輩と呼ばれている事を嫌がっているがR-1に優勝した日だけ許した。

「一行(かずゆき)」を『いっこう』と読まれることがよくあり、ネタにもしている。
指がETの指のように細長い。
歌がうまく、R-1ぐらんぷり2011の決勝の1本目でもその歌唱力を生かした、ロマンシング サ・ガ3の
「最果ての島」のメロディに乗せた、「井戸のお化け」という歌ネタを披露していた。

B'z好きで、B'z会(ブロードキャスト吉村主催)の一員。
ルミネtheよしもとのマスコットキャラクター「ルミにゃん」は、彼のデザインから誕生したもので、
2011年2月、「ゆるキャラ(R)さみっと情報局」に正式登録された。

森三中のメンバーはいつもおにぎりを持っており、劇場で森三中に会うと
「いつもおにぎり持ってるよね~1個ちょうだい」と言っておにぎりをもらうらしい。

大勢の芸人がいる楽屋が苦手で、一人でいることが好きで、人気のない場所を探して隠れている。


【受賞歴】

2011年 R-1グランプリ優勝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。