シャンプーハット

ここでは、「シャンプーハット」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
所事務所:吉本興業
メンバー :小出水(小出水直樹 1976.2.1生まれ・ボケ)
       てつじ(宮田哲児  1975.8.7生まれ・ツッコミ)


2人は新大阪歯科技工士専門学校で出会い、心斎橋筋2丁目劇場の素人参加型ライブ
「ワチャチャライブJr.」に出場するためにコンビ結成。ナイスフェイスというコンビ名で
1994年にデビュー。当初はてつじがボケで小出水がツッコミだったが全く受けなかったために
ボケと突っ込みを入れ替え、二度に渡る改名を経て現在の名前に。

オーディションを経ての吉本入りで、NSC13期生の次長課長ブラックマヨネーズ
徳井義実(チュートリアル)・野性爆弾などが同期にあたる。

漫才では小出水のボケに対して、てつじがそれに納得したり持ち上げたりといった形で、
独特の雰囲気を持っている。そのスタイルは『Wボケ』(コンビで2人ともボケる漫才)に
近いため、漫才に『Wボケ』を持ち込み、革命を起こしたと言われる笑い飯よりも先に
『Wボケ』を使っていた漫才師である。

東京で活動していた時期もあり、1998年にはガレッジセールらと共に「news」というユニットを
結成し活動していた。

2人とも競馬番組『サタうま!』にレギュラー出演しており、その中で大穴馬券を的中させた
ことが多々ある。


【受賞歴】

1996年 オールザッツ漫才'96 トーナメント戦優勝
1998年 第19回ABCお笑い新人グランプリ優秀新人賞



【パーソナルデータ:小出水】

大阪府高槻市出身(生まれは新潟県)。大阪府立大冠高等学校卒業。
本名:小出水直樹
主な愛称はこいちゃん。
陣内智則と仲が良い。
野生爆弾のロッシーとも仲が良い。

2004年に結婚。夫人と出会ったキッカケは、小出水・陣内智則・陣内の当時の彼女・陣内の当時の
彼女の友達(後の小出水夫人)の4人で遊んだ事であった。
2005年1月に第一子長男が誕生。2006年には第二子長女も誕生。



【パーソナルデータ:てつじ】

大阪府堺市南区晴美台出身、大阪府立金岡高等学校卒業。
本名:宮田哲児
主な愛称はてっちゃん。
野生爆弾の川島と仲が良い。
シーチキンが好きだとテレビで発言し、ファンから一斗館で送られてきたことがある。
つけ麺が大好物。2010年4月16日、大阪府につけ麺の店「宮田麺児」を開店。同年秋に東京都浜松町
で開催された「大つけ麺博」にも出店した。なお、2011年8月31日をもって一旦閉店
(本人いわく「さらなる小麦の可能性を求めたい」として、"発展的閉店"としている)したが、
その後究極の黄金色の麺、そして新たにフルーツを素材に加えたスープを完成させたことにより、
9月21日に「3代目宮田麺児」として再開店することになった(店名を「3代目」としているのは、
2代目からさらにもう1ランク進化したことを表している)。

書道とバドミントンが得意。高校時代はバドミントン部の唯一の男子部員であった。

2001年2月14日に元『MORE』(集英社)専属モデルの三上純子と入籍。
2007年2月に長女が誕生。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。