チーモンチョーチュウ

ここでは、「チーモンチョーチュウ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
所属事務所:吉本興業
メンバー: 菊地浩輔(1981年6月23日生まれ・O型・ツッコミ)
      白井鉄也(1981年5月 9日生まれ・B型・ボケ)



2人の出会いは千葉の高校であり、白井は親に「高校卒業後、アメリカの牧場で働け」と
言われた。しかし、嫌がった白井は菊地を吉本興業に誘った。その時菊地は心理学を学ぶ為に
大学を目指していたが、受験の時、白井との約束を守るため答案用紙を白紙で出した。

東京にNSCがあることを知らず、大阪のNSCへ入学。23期生、同期に
モンスターエンジン西森、ウーマンラッシュアワー中川パラダイス、友近など。
東京NSCでは6期と同期でアームストロングロシアンモンキーなど。
友近は劇場で会うと、笑顔で小さく手を振ってくれる。
白井の父親が出したNSCに通う条件は大阪で二人暮らしすることだった為、
大阪の西成区で共同生活を始めた。白井が阪弁でボケて、菊地が標準語でつっこむというスタイルが
まったくうけなかった。東京へ来た時にルミネでたくさんの若手芸人が活躍しているのを見て
東京へ拠点を移すことにした。
コンビ名は2人の高校時代の友人が「バーチャファイター」に登場する技である裡門頂肘
(りもんちょうちゅう)を、漢字が読めず「ちーもんちょうちゅう」と読み間違えたことから。
コンビ名を間違えられることが多く(ヨシモト∞での表記が「チーモンチョウチュウ」、
ルミネtheよしもとの初舞台に「デーモンチョーチュウ」など)、吉本興業からは幾度となく
「コンビ名を変えろ」と言われてきたが、かたくなに断りつづけた。
AGE AGE LIVEでAage/Bage/Cageというシステムを取っていた約2年間、唯一Aageに居続けた芸人。
周りの芸人には、「このライブではチーモンが強すぎる」と評されていた。

コンビを組んだ時、白井の弟から「兄をよろしくお願いします」とメールが来た。
白井の弟の結婚式の司会をチーモンの二人が務めた。

コンビ間の暗黙のルールがあり、タクシーに乗る時は先に菊地が乗る。カラオケで白井が
mihimaruGTmの気分上々を歌った時は菊地がラップをする。

ネタは二人で作成。
コンビ間の仲が良く、ネタについての意見のぶつかりはあっても喧嘩はない。



【パーソナルデータ:白井鉄矢】

千葉県印旛郡酒々井町出身、千葉県立佐倉南高等学校卒業。
東京で生まれ、大阪で育ち、千葉に引っ越した為、芸人になってからしばらくは関西弁だった。
初体験は17歳の時で、自分の部屋で彼女に押し倒された。
声が高く、カラオケで原曲キーのまま華原朋美が歌える、B’Zじゃ物足りない。
中学生のころ、かなりモテていた。合唱コンクールで指揮者をやったときの写真が
すべて売り切れたことがある。その頃自身の写真がプリントされたテレホンカードが出来た。
以前はタバコを吸っていたが、禁煙した。



【パーソナルデータ:菊地浩輔】

千葉県千葉市出身、千葉県立佐倉南高等学校卒業。
一人っ子で、親が年取ってからの子供である為、母親から溺愛されている。
その母親は元ヤンキーで、菅井きんに似ている。
以前はラフコントロールの森木、サカイストのまさよしと共同生活していた。
一人っ子だった為に、3人での共同生活は楽しくてしょうがなかったとの事。
とても優しい性格で、相方の面倒を見るため保護者扱いされる。
2010年のM-1の準決勝で白井がネタを飛ばした時も「仕方ない」と笑って許した。
ライセンスの井本にかわいがられており、井本つながりでダウンタウン浜田とも遊ぶ。
パンクブーブー黒瀬純率いる弱小軍団、「くろじゅん軍団」の一員。菊地から入団を希望した。

ブレイクダンスで舞台で披露することがあるが、習ったのではなく、すべてビデオを見て
コマ送りにして我流で覚えた。

体型が背が小さくてマッチョな為、どのスタイリストからもスタイリングが激むずと言われる。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。