ザ・ギース

ここでは、「ザ・ギース」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
所属事務所:ASH&Dコーポレーション
メンバー :尾関高文(1977年8月6日生まれ・O型)
       高佐一慈(1980年9月2日生まれ)


2004年結成のコントユニット。同年、ゲンセキや爆笑オンエアバトルに出演し知名度が上がる。
2006年1月に初の単独ライブ「手と足が同時に出る」をシアターイワトにて行なった。
事務所の先輩「シティボーイズ」のファンであり、尊敬している。当初はフリーで活動するも、
シティボーイズと同じ事務所への所属を希望し、2005年秋に所属となる。
映像コント集団「モダンレコーディング」にも所属し、その中で、尾関主演の「マッドメン」が
「東京ネットムービーフェスティバル2005」にてグランプリを受賞した。
戯曲作家・故林広志氏第3期コントサンプルの一員で、故林氏のバックアップの下、活動を開始した。
GEESEとは英:GOOSE(ガチョウ)の複数形だが、尾関曰くラテン語で「腰が低い」と言う意味で、
そこから命名したという説もあるが、これは尾関の冗談である。
最近では、TV出演の際に「ザ・ギース」とカタカナ表記となっていることが多い。

ネタは2人と作家の3人で作っている。
シュールで非日常的な設定のコントをする。初期のラーメンズと比較される

ラバーガールと仲が良く、合同でユニットコントを行うことがある。


【受賞歴】

2005年 東京ネットムービーフェスティバル グランプリ(尾関)
2007年 第5回お笑いホープ大賞決勝進出
2007年 NHK新人演芸大賞決勝進出
2008年 第6回お笑いホープ大賞
2008年 第1回キングオブコント決勝進出 Aグループ2位
2008年 NHK新人演芸大賞決勝進出




【パーソナルデータ:尾関 高文】

広島県広島市安佐北区出身。明治大学商学部卒業。
特技は水泳、バレーボール、野球(投手)、広島東洋カープを語ること。
親が厳格で、お笑い番組は見せてもらえなかったという。大学に入ってから『爆笑オンエアバトル』
などお笑いを見始め、その頃に友人に誘われてお笑いの活動を始める。
背後霊が見えるという特殊な能力があり、素人時代から現在まで路上パフォーマンスとして
1回500円で「背後霊スケッチ」をやっている。
基本的に思慮や配慮に頭が回らず、礼を欠いた物言いをしてしまう。また怒られたり注意される時
などに神妙な素振りをするが、真面目に話は聞いておらずあくまで形式的な振る舞いらしい。
その他の場面においても人の話をきちんと聞くことが苦手だという。

2009年6月に入籍、11月11日に女児誕生。

ラバーガール飛永、グランジ五明と仲が良い。五明とは住んでいるところが同じ千葉県の柏市で
駅でバッタリ会うことが多いという。



【パーソナルデータ:高佐 一慈】

北海道函館市出身。函館ラ・サール高校卒業。早稲田大学理工学部中退。
特技はパントマイム、ピアノ。パントマイムはネタ中で披露することもある。
好きなものは映画「博士の異常な愛情」、あんこ。
大学生の時にお笑いのサークル「早稲田大学寄席演芸研究会」に入っていた。大学対抗お笑いバトル
で決勝にいったことがある。
ネタ中に尾関から「古い男前」といじられることがある。
鬼ヶ島のおおかわらと仲が良い。美容院に行くときはいつも一緒とのこと。
ライトノベル作家の川岸殴魚は大学時代のサークルの先輩であり、その縁で月刊ガガガチャンネルに
出演することになったと番組内で語っている。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。