おぎやはぎ

ここでは、「おぎやはぎ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
所属事務所:人力舎
メンバー :小木博明(1971年8月16日生まれ・B型・ボケ)
       矢作 兼(1971年9月11日生まれ・A型・ツッコミ)


2人の出会いは高校だった。2人とも東京都立北野高等学校卒業。中学から電車が一緒で
お互いに気になる存在だったという。
2人ともサラリーマン時代を経て、矢作が小木をお笑いの道に誘った。

人力舎に所属する前はどこにも属さずフリーで活動してからナベプロ(ロンドンブーツ1号2号
フローレンス(ネプチューンの原田泰造と堀内健が組んでいたコンビ)が当時は研修生としていた)
ホリプロなど東京の事務所を転々としていた時期がある。
無名時代、二人にはサラリーマン時代の蓄えがあったため、オーディション会場にお互い外車で
行っていた。「あいつらただものじゃない。妙な仕事でもしているんじゃないか」と羽振りの
良さを不思議がられていた。オーディションでコンビ名を決めず、とりあえず「小木と矢作」と
書き部屋に入ると、次は「おぎやはぎ」と言われそれをそのままコンビ名にした。
他のコンビがぎりぎりまで練習するのに、集合時間に間に合いそうになかったら次の機会
(オーディション)にするほどマイペースだった。

おぎやはぎ所属以前の人力舎は、今のアットホームな雰囲気はなく、芸人同士の会話も皆無で
荒んでいたという。おぎやはぎが入ってきてから、おぎやはぎ(特に矢作)が芸人間を取り持ち、
あの和やかな雰囲気で一つにまとめあげた。これらのエピソードは「人力舎の三大革命」の一つ
として、
東京03が語っている。

2人そろって眼鏡をかけるようになったのは、加藤浩次の助言によるもの。
それまでは小木しかかけていなかった。

コンビ仲が良いことを売りにしており、高校時代に「あいつら、できているのでは?」と噂が立った。
小木が高校一年から一年間付き合っていた子と、矢作は高三から七年間付き合ったといった
エピソードが多々ある。矢作は小木と遊びすぎて彼女に振られた事がある。
今まで一度も喧嘩をしたことがない。

元々コントをやっていたが、漫才が対象の『M-1グランプリ』に出場するために漫才を覚えた。
コント用の小道具の用意や持ち運びが面倒と感じてマイク1本で出来る漫才を始めたとう説もある。

漫才では主にお互いを褒め合い、高め合うというネタを使うことが多く、ジワジワ笑いを誘う
脱力系。まったりとしたスローテンポと独特のボケ、ツッコミ(激しいツッコミはほぼ無い為、
ツッコミというよりも「宥め」「訂正」「説得」と取ることもできる)で展開される漫才が特徴的。
この漫才のスタイルはその後多くの芸人に影響を与えることとなる。

ネタや、フリートーク、2人の空気感、人間性など、すべてにおいて玄人評価が非常に高い。

バナナマンと非常に仲が良い。



【受賞歴】

2001年 M-1グランプリ2001出場 決勝10位
2002年 M-1グランプリ2002出場 決勝4位
2003年 第12回NHK新人演芸大賞特別審査員賞
2006年 第3回虎の門話術王準優勝 矢作のみ
2011年IPPONグランプリ2011 開幕戦inお台場 優勝 小木のみ



【パーソナルデータ:小木博明】

東京都板橋区ときわ台出身、東京都立北野高等学校卒業。
本名は「こぎひろあき」で、「おぎ」ではない。
妻は元歌手の森山奈歩。義母は森山良子、義弟は森山直太朗。
日本メガネ党の党首。
高校時代はファンクラブができるほどモテていたという。
高校卒業後、テーマパークのマネージャー職を経て、旅行代理店に就職。約1年間ハワイに滞在し、
VIPの旅行手配を行っていたが、バブルがはじけた影響で会社が倒産。帰国後はタワーレコードに
就職し、アメリカ本社への商品の手配などを担当していたところ、矢作に誘われ芸人こ志す。

アンガールズの田中から非常に慕われている。

2006年10月18日 入籍、2009年1月に第1子(女児)が誕生。
妻との出会いは、まちゃまちゃが小木に「ファンの女の子が会いたがっているから紹介する」と
言って森山奈歩を小木の楽屋に連れて行ったのがきっかけ。初対面の日は2000年6月5日であったと
はっきりと覚えているという。

非常にやさしい性格で虫さえも殺せない。テレビに出ている時は毒舌キャラとして出ているが
本人は毒を吐いている自覚はまったくないとの事。


【パーソナルデータ:矢作 兼】

東京都豊島区池袋出身。東京都立北野高等学校卒業。
両親は離婚したが、3歳までは実父の「渡辺」姓だった。「矢作」姓は、母親の実家の姓である。
父親は長らく行方不明であったが約30年ぶりに行方が分かり、河口湖で猿回しの芸人をしていた
ことが判明した。3歳年上の姉がおり、ファッションデザイナーをしている。
高校卒業後、ビルのメンテナンス用品を取り扱う貿易会社に就職。上海勤務を経験するなど2年間は
サラリーマンとして生活を送っていたが、自分が担当していた商品に元々興味がなく、だんだんと
仕事に嫌気が差し始め、笑いを“仕事”にしようとの意欲が高まる。退社後、23歳の時に高校時代
からの友人・小木を誘いコンビを結成。

人間関係を築くのが上手く、事務所の後輩からもダントツで慕われており、他事務所の大御所
芸人にも非常にかわいがられている。
アンジャッシュ渡部と同居していたことがある。
温厚な性格で、周りの人間から怒ったことを見たことがないと言われる。

ビリヤード、ゴルフ、テニスが得意。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。