笑い飯

ここでは、「笑い飯」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
所属事務所:吉本興業
メンバー  :西田幸治(1974年5月28日生まれ・A型)
        哲夫  (1974年12月25日生まれ・A型)



それぞれ別のコンビのボケ同士が組んだ珍しいコンビ。西田は「たちくらみ」、哲夫は「スキップ」
というコンビでフリーで活動していた。2000年に共通のライブイベントに出演していた事から、
新たにコンビを結成。このイベント名が「笑いで飯が食えるか!」だった事から、それを
コンビ名として拝借した。 二人ともそれぞれのコンビでボケを担当していたことが
きっかけとなり、役割を固定せずボケとツッコミが交互に入れ替わるというこれまでの
漫才にはなかった独自のスタイルを築き上げた。このことから「漫才界の革命児」と
呼ばれることがある。また、この独特のスタイルは「Wボケ」と呼ばれ島田紳助や松本人志から
高い評価を受けている。

ネタ作りの方法はテーマを出して互いにボケ合い、お互いにネタが尽きるまで続けるという独自の
スタイル。哲夫は「ネタのシチュエーションは自分が考えているが、西田のほうが抜群に面白い
ボケを考える」と冗談交じりに述べている。

2001年より、オーディションで吉本興業大阪本社に入社。
baseよしもとの舞台に立っていたが、2008年4月「ガンガンライブFINAL」でbaseよしもとを卒業。
2010年春、東京にも部屋を借りる形で東京進出をする。所属は大阪吉本のままで東京吉本へ移籍は
していない。

コンビ仲は不仲な訳ではないが、ネタ合わせ以外で話すことはほとんどないという。

M-1グランプリが大きなきっかけとなって飛躍した彼らだが、最初に彼らの才能を見出したのは
バッファロー吾郎の2人だった。彼らが自らプロデュースするイベント「バッファロー吾郎の爆笑
新ネタ逆転満塁ホームラン寄席」に出演させたりと、無名だった2人に活躍の場を与えたという話
は有名。現在でも彼らと親交は深く、いわゆる「バッファロー軍団」の一員とされている。
また、インディーズ時代、千鳥、ヘッドライト、ソラシドらと共に「魚群」という
インディーズライブを行っていた。その頃から苦楽を共にしてきた千鳥とは、兄弟同然の仲
(哲夫はノブと一緒に住んでいたこともある)。

麒麟千鳥南海キャンディーズの3組とはbaseよしもと時代からの仲間であり、ライバルでも
あった。田村裕曰く「この(4組)中から誰か(M-1)獲ろうぜみたいな気持ちがあった」。
後に麒麟が第1回、笑い飯が第2回、千鳥が第3回、南海キャンディーズが第4回大会に無名ながら
初めて決勝進出し、それをきっかけにブレイクしている。特に第4・第5回大会では4組とも決勝進
出した。

「笑い飯」としての芸歴は2000年から(吉本入社は2001年)だが、西田、哲夫個人の芸歴は共に
1996年からのため、年数のみからみると大阪NSC15期(ストリーク、ランディーズなど、西田も
実際に在籍したが後に中退)・東京NSC1期(品川庄司など)とほぼ同期にあたる。NSC出身以外
では、同じ1996年に初舞台を踏んだロザン、すっちー(元ビッキーズ)、りあるキッズなどが
同期と思われる。しかし、ロザン、りあるキッズ、品川庄司らは彼らを後輩扱いしている。
芸歴は下だが先に吉本に入社した千鳥は「さん」付けだが、仲が良いためか半分タメ口混じりで
呼んでいる。

2人は大喜利が大好きで、得意としている。


☆M-1グランプリについて☆

2002年、第2回M-1グランプリに無名かつノーシードながら決勝進出を果たす。その斬新な
「Wボケ」で注目を浴び3位に終わるも知名度を上げるきっかけとなる。この年から9年連続
M-1グランプリ決勝進出(大会最多記録)を果たしている。
2009年の第9回大会では、本大会唯一の「100点」を審査委員長の島田紳助が付けた。」
2010年、最後の大会で念願の優勝を成し遂げる。



【受賞歴】

2002年 第17回 オールザッツ漫才 優勝
2002年 第3回 笑わん会 優秀賞
2003年 第24回 ABCお笑い新人グランプリ 優秀新人賞
2003年 第38回 上方漫才大賞 新人賞
2003年 第32回 上方お笑い大賞 新人賞
2004年 第34回 NHK上方漫才コンテスト 最優秀賞
2004年 第2回 MBS新世代漫才アワード 優勝
2004年 第33回 上方お笑い大賞 新人賞
2005年 第34回 上方お笑い大賞 最優秀新人賞
2006年 第12回 ダイナマイト関西 優勝(西田)
2002年 第2回 M-1グランプリ決勝 3位
2003年 第3回 M-1グランプリ決勝 2位
2004年 第4回 M-1グランプリ決勝 5位
2005年 第5回 M-1グランプリ決勝 2位
2006年 第6回 M-1グランプリ決勝 4位
2007年 第7回 M-1グランプリ決勝 5位
2008年 第8回 M-1グランプリ決勝 4位
2009年 第9回 M-1グランプリ決勝 2位
2010年 第10回 M-1グランプリ 優勝



【パーソナルデータ:西田幸治】

奈良県奈良市出身、奈良女子大学文学部付属中学校・高等学校卒業。
NSC15期中退。

高校卒業後、フリーターを経て1995年大阪NSCに入校するも、一身上の都合により自主退学する。
中退後はインディーズ芸人として再起し「たちくらみ」というコンビを組むも即解散し、同じく
解散して間もなく、同い年で芸歴もほぼ同じである哲夫と2000年に「笑い飯」としてコンビ結成。

極度の運動音痴。
幼少時は病気がちだった。手裏剣を買ったり、鎖帷子を作ったり、ミリタリーで遊んだりする
インドア生活を送っていたが、好きな女の子が出来たのをきっかけに笑いの道を目指した。

漫画「もやしもん」に登場する美里薫は西田をモデルにしたもの。作者は当初は無関係と否定して
いたが、実は笑い飯の大ファンで、西田をモデルにしたことを後に認めた。



【パーソナルデータ:哲夫】

奈良県桜井市出身、関西学院大学文学部哲学科卒業。
出身高校は奈良県立トップの進学校で、一時は秀才芸人と呼ばれていた。
小学生の集う塾(浜学園)の講師をしていた。家庭教師を5件かけもちしていた時期もあり、
教員免許も持っており、一時期までかなり本気で先生になる夢を持っていた。
大学在学中に自動車販売のディーラーへ内定が決まっていたが、芸人になるという夢を諦めきれ
なかったため、卒業後に今の道へ進んだ。初舞台は1996年で、芸歴は現相方である西田幸治と
ほぼ同期である。その頃「スキップ」というコンビを組んでいたが、相方を何回も替えて活動
していた。結局解散し、同じくまだ解散して間もなかった西田と「笑い飯」を組む。

般若心経が大好きで、スケジュール帳に記入してある。ネタを考える際に手を動かしながらの方が
思い付く為、写経をする事もある。
2009年2月ワニブックスから「えてこでもわかる 笑い飯哲夫訳 般若心経」を出版。同年8月には
朝日カルチャーセンター・新宿で「おもしろくてためになる 笑い飯 哲夫の般若心経入門」講座を
開催。2011年5月の東大五月祭でも、「笑い飯 哲夫のおもしろ仏教講座」を開催した。

趣味はモーグルで、それが高じて以前スキー雑誌「BravoSki」(双葉社)で連載を持っていた。
飲食店でのバイト経験がある為、料理が得意。
鉄道ファンである。
実家は中西商店と言うそうめん屋を営んでいる。
小学校 - 大学までサッカーをしていた。現在は、吉本興業のフットサルチームに所属している。
愛読書は三島由紀夫作品や夏目漱石作品。

西田よりも社交的な性格で交友関係が広い。
麒麟田村、トータルテンボス藤田、友近千鳥ノブ、小藪千豊、などと特に仲が良い。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。