ライセンス

ここでは、「ライセンス」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
所属事務所:吉本興業東京本社
メンバー:藤原一裕(1977年 9月20日生まれ・O型・ボケ)
      井本貴文(1978年 1月27日生まれ・B型・ツッコミ)


高校の同級生でコンビ結成。NSCには通っておらず、オーディションで吉本に入った。
吉本を受ける前に浅井企画のオーディションを受けて合格したが、いきなり東京に住む事に
抵抗があり、大阪へ帰って吉本のオーディションを受けて吉本へ入った。

高校2年生の時に、まだ一言もしゃべったことなかった二人が学校の帰りにバッタリ会って
井本からいきなり「たこ焼き食いに行く?」と言ったのがキッカケで仲良くなった。
高校2年で藤原が自己紹介してる時にまだ全然しゃべったこともない井本が藤原に
向けて消しゴムをちぎって永遠に投げ続けていた。

同期にロザンなど。
コンビ名を2007年にザ・ちゃらんぽらんに改名したが、似た名前のコンビがおり、
ややこしかったので同年ライセンスに戻した。ファンの要望も強かった。

東京進出を提案したのは井本で井本が東京へ行こうと誘った時、藤原がずっと「う~ん・・・」
と黙って何も言わなかった。それに対して腹を立てた井本が「何か言えや!」と
怒鳴ると、「デッカイ声出すなや」「そんなにデッカイ声出してへんやんけ」というやりとりを
1時間赤坂の街で繰り広げた。その2日後に先に藤原が東京の家を決めてきて
「俺、家決めたから」と報告し、井本が「何なんお前?」と驚いた。

ライセンスの2人が東京に出て来た時に不動産屋を紹介したのは犬の心の池谷。

2008年、 福岡、札幌、名古屋、大阪、東京を周る初の全国zeppツアー、LICENSE vol. ZEPP ENJOY!!
を開催。これはお笑い芸人初となる快挙で東京公演では満員となる1200人を動員し、
公演合計6000人を動員する大盛況となった。

単独ライブ1回につき、グッズの売り上げが2000万円を超える。


【受賞歴】

1999年 NHK上方漫才コンテスト優秀賞
2006年 M-1グランプリ6位




【パーソナルデータ:藤原一裕】

奈良県生駒市出身、最終学歴、奈良県立上牧高等学校卒業。

非常に人見知りで、芸人にも友達が少ない。
芸人が大勢いる楽屋でFUJIWARAの藤本がはしゃいでいるのを見ると萎える。
「楽屋」は藤原にとっては「我苦屋」との事。
仲の良い芸人は、ラフコントロール重岡、2700ツネ、カナリア安達など。
かわいがってくれている先輩は130Rのほんこんで、ほんこんが藤原を探す時に
「俺の藤原どこや~」と言っている。
吉本男前ランキングで3年連続1位になった時、両親はワインで乾杯した。
実家にある本人の部屋は現在ライセンスのグッズやポスターで埋まっている。
実家に帰った際はその部屋でライセンスに囲まれて寝る。本人にとっては地獄らしい。
非常に霊感がある。
芸人になっていなかったら理学療法士になりたかった。
空手とキックボクシングをやっており、空手は黒帯だった。
占いを信じており、お世話になっている先生がいる。

お笑い芸人になりたいと父親に告げた時に「お前は面白くない」と言われた。
後輩に自分の飼ってる犬に「かわいいですね」などと敬語を使わせている。

2011年5月14日 「ヤンヤンJUMP」のコーナー「ストリートハンド5on5」の収録中、
ジャンプシュートで着地に失敗して左膝を痛める。救急病院で打撲と診断されるも、
後日別の病院で精密検査を受けたところ左前十字靭帯断裂で全治6ヶ月と診断される。
また、この日はレギュラー番組「ヒルナンデス」があった為、松葉づえを付いて出演した。

よしもと男前ランキングで3年連続1位になり、2011年、殿堂入り。



【パーソナルデータ:井本貴史】


奈良県北葛城郡王寺町出身、最終学歴、奈良県立上牧高等学校卒業。

中学時代は不良だった。
現在も非常にキレやすく、すぐに大きな声で怒鳴ったり暴力をふるう。
特技はサッカーでインターハイに出場、自身のサッカークラブ「イノモティーナ」を創設。
交友関係が広く、誰ともでもすぐに打ち解ける。仲の良い芸人はラフコントロール森木、
サカイストまさよし、チーモンチョーチュウ菊地など。
ダウンタウンの浜田とも非常に仲が良く、二人きりで旅行に行ったり、浜田の誕生日会にも
浜田家+井本というメンバーで参加した。浜田の嫁からは「あんたらホモやろ」と言われている。
井本が携帯でau、浜田がドコモを使用していたが、絵文字が文字化けして用件が伝わりにくい為に
わざわざ浜田がauに変えた。

井本の弱点はゴキブリ。
好きな言葉は「暴力」。
綺麗好き。

2012年1月14日、10年間交際していた一般女性と入籍。
嫁の望むことはすべて叶えてあげたいと思っている。付き合っている時に一度だけ
バッグが欲しいと言われ、そのバッグが28万円だった、その時の井本の給料が30万円だったが
「わかった、よし買おう!」と言って買ってあげた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。