ガレッジセール

ここでは、「ガレッジセール」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
所属事務所:吉本興業
メンバー :ゴリ(照屋年之 1972年5月22日生まれ・A型・ボケ)
      川田広樹(1973年2月1日生まれ・A型・ツッコミ)


2人は中学時代の同級生。中学3年の夏、川田が沖縄県立松城中学校に転校してゴリと同じクラス
となり出会う。役者志望だったゴリが日本大学芸術学部在学中に友人に「面白いからお笑い
やればいいのに」と言われたひと言がきっかけでお笑いをやろうと思いつき大学を中退し、
当時沖縄にいた中学生の時の同級生の川田広樹を誘いガレッジセールを結成する。

1995年、東京吉本総合学院(東京NSC)第1期生への入学を希望するが、すでに入学受付は終了。
ゴリが雑誌で渋谷公園通り劇場の存在を知り「芸人にしてほしい」と申し入れるが、
芸人養成はしていないと断られる。その時偶然見つけた「ボランティアスタッフ」を知り、
無給にて月曜から金曜まで1日15時間を劇場のスタッフとして働く。

無給で働く条件として「本番中だけ芸の勉強をしたい」と要求し、先輩芸人の芸を勉強しながら
雑用や会場作り、客の呼び込み、当時劇場で活躍していたココリコロンドンブーツ1号2号
芸人を楽屋からステージまで誘導、といった仕事をしていた。

初舞台はボランティアスタッフになってから数ヵ月後であった。カルト芸人トーナメント
『続・やけど温泉』に参加し準優勝する。それが認められ、渋谷公園通り劇場の第1号芸人と
なる。

初舞台からが芸歴の始まりとカウントされるため、東京NSC第1期生である品川庄司は
ガレッジセールのことを先輩として接している。大阪NSCでは13期と14期の間にあたり、
ブラックマヨネーズに対してはデビュー年は同じだが、ブラックマヨネーズが数ヶ月先輩に
あたるため、タメ口交じりだが敬語で接している。

コンビ名は「ガレージセール(自宅車庫を即席の店舗にして、家の不用品を通行人に売る)
のように、気軽に売り出せる笑いを」の思いを込めて、渋谷公園通り劇場の作家に命名して
もらったものである。当初は「ガレージセール」であった。しかし、2人は当時、
「ガレージセール」が言いにくく、最初の「ー」の部分を「ッ」に変えたら言いやすかった
という事から、現在の「ガレッジセール」になった。ただ、反抗の意味がないというわけでも
ない。ボツになった芸名としては「さとうきび畑でつかまえて」「具志堅ようこそ」がある。

ロンドンブーツ1号2号が司会の『ロンブー荘青春記』(日本テレビ系)に出演。ちなみに
川田・ゴリ共、『ロンブー荘』出演時は“年齢は共に19歳”という年齢詐称をしていた。
この番組内で田村淳が本名で活動していた照屋を「ゴリ」と名付け、そのまま芸名と
して使うようになった。

その後、笑っていいとものレギュラーを勝ち取り、ワンナイR&Rにもレギュラー出演し大ブレイク。
自分たちの冠番組をもてるまでに成長した。今は「ゴリエ」と「川ちゃん」という、
『ワンナイR&R』の番組から生まれた2人のキャラクターが人気を集めた。出身地の沖縄が
舞台のNHK連続テレビ小説『ちゅらさん』にも2人で出演していた。


本来はショートコントが持ちネタであり、現在でもルミネtheよしもとなどの舞台で披露して
いる。2002年ごろまではテレビ番組でも登場時にネタのブリッジである「エンダンス、
エンダンス、エンダンス、エンダンス、エンダンス、ダンス、ダンス、ダンス、
エンジョイプレイ」を行っていたが、テレビではほとんど披露することはなくなった。

2009年に沖縄県で開催された沖縄国際映画祭において、沖縄PRへの貢献などを認められ、
『美ら島沖縄大使』に任命される。2月27日に沖縄県庁で認証式が行われた。



【パーソナルデータ:ゴリ】

本名:照屋年之
沖縄県那覇市出身、沖縄県立首里高等学校卒業、日本大学芸術学部映画学科中退。
沖縄県那覇市で本土復帰の1週間後に生まれた。3人兄弟の末っ子。
両親はダブル不倫がきっかけで結ばれた。父親は非常に女癖が悪く、名護市に自身が経営して
いる店にアルバイトで入ってきた女性と住むための家を建てたこともあった。
小学校時代は大阪市で育った。小学校5年生の時に沖縄へ戻るが、両親と離れて暮らしていた為
に馴染めず、後の不良行為への一因となる。

1995年、川田広樹とガレッジセールを結成。同期はフットボールアワーなどがいる。当初は
本名で活動していたが、事務所の1年先輩であるロンドンブーツ1号2号の番組をきっかけに
芸名を「ゴリ」にする。名づけたのは田村淳。

私生活では2002年に結婚した。翌年には子供が生まれ、さらに相方の川田広樹も結婚し、
おめでた続きであった。
2005年12月31日、『第56回NHK紅白歌合戦』に「ゴリエ」のキャラクターで歌手として紅組で出場。
ブレイクダンスが得意であり、『めちゃ×2イケてるッ!』ではナインティナインの岡村隆史と
ブレイクダンスで争った。また、沖縄好きの岡村に沖縄のことをいろいろ情報提供する間柄でもある。
沖縄が舞台のドラマなどに多く出演しており、郷土愛が強い。
芋焼酎が好物。よく飲む銘柄は『黒霧島』(霧島酒造)。
最近では料理に凝っている[1]。紀里谷和明の薦めでカメラを始めた。

沖縄時代のゴリは相当の不良でならしたことで有名。友人五人と深夜スーパーマーケットに
侵入して、アクション映画さながらの警察との捕り物劇を繰り広げた経験があると、自ら
公共の電波で発言している。しかし学校の先生の必死の指導と、周囲に謝罪する母の涙を見た
ことにより改心した後は勉学に励み、県内でもトップクラスの進学校と日本大学芸術学部に
進学するまでに成長した(ちなみに、この経緯が沖縄県教育委員会で『照屋年之君の更生の
記録』として小冊子となっているらしいが、実物は確認されておらず真偽は不明である)。
ゴリ自身も、那覇市立松城中学校卒業時に校長先生の計らいによって、全校生徒の前で
中学時代の一連の経緯を綴った作文を朗読させられ、読み終えた瞬間、その場にいた全員から
割れんばかりの拍手を送られたという。

「人生の転機に影響を与えられた人」の中で芸能界入りのきっかけは、大学受験を目指し、
上京して勉強していた時に当時同じ下宿に住んでいた羽村さん(現在NHK職員)に「将来何に
なりたくて勉強してんの?」と聞かれ、その時とっさに出てきた「俺、役者になりたい」の
言葉からと答えている。
東京に出てしばらくは方言ネタを封印していた。




【パーソナルデータ:川田広樹】

沖縄県那覇市出身、沖縄県立真和志高等学校卒業。

『ガレッジセール』以前にも一度別の人物とコンビを組んでイベントなどに出場した。
また沖縄のお笑いコンテストで準優勝した事もある。ブレイクダンスもゴリに匹敵するほどで
あり、運動神経抜群で、学生時代はバレーボール部に在籍していた。
性格は控えめだが、かなりの天然ボケである。

バイクが趣味でオフロードバイクで階段を上ったり降りたりできるほどのバイク好き。
趣味は釣りである。
売れない時期はロンドンブーツ1号2号の田村亮の自宅に住んでおり、2000年にバイク事故で
田村亮が両腕を骨折した時には生活全般すべての世話をしていた。
2003年に大阪出身の女性と結婚し、2005年11月には娘、2008年に息子が生まれた。

2009年8月28日のいいはなシーサーにて、8年ほど前に芸人を辞めようと思った事があると告白。
うつ状態のようになり浮き沈みが激しくなり、対人恐怖症で人に会うのが怖くなった。
相方のゴリが、心配して目が放せない状態になり、仕事が終わると自分の部屋で食事や酒を
飲んで一緒に過ごし、毎朝バイクで川田の家まで迎えに行くということをしていた。

圧倒的なキャラクターを持つゴリを相方に持つため、「じゃない方芸人」として
『アメトーーク!』に出演し、自身の目立たないエピソードを披露した。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。