バカリズム

ここでは、「バカリズム」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
所属事務所:マセキ芸能
メンバー:升野 英知(1975年11月28日生まれ・A型)


もともとはバカリズムというコンビで活動していたが、相方が別の職業に就きたいと言い
相方は脱退という形になり、升野が一人でバカリズムとして活動していくことになった。
極度の人見知り、休みの日はあまり外に出ない。
以前、バナナマンの日村と同居していたことがあり、日村からは「ヒデ」と呼ばれている。


福岡県田川市出身。飯塚高等学校、日本映画学校(現・日本映画大学)俳優科卒業。

元々バカリズムは、1995年から2005年まで活動していた、升野と松下 敏宏(まつした としひろ)
のお笑いコンビの名称だった。
コンビ解消後、升野がコンビ名をピン芸人の芸名として引き継ぎ、現在のバカリズムとなるが、
同じくコンビからピン芸人になったビビる大木やカンニング竹山のように「バカリズム升野」
の表記をされることもある。なお、俳優として活動する際は本名を使うことが多い。

極端な人見知りで普段は非常におとなしい。おっとり型で物腰も柔らかく、礼儀正しい。
両利きである。ペンなど筆記用具は両方使えるが、野球のバッティング、ボウリング、ダーツの
際は左手を使う。普段はおとなしいが、体育会系の野球部に所属していたため先輩・後輩の
上下関係に厳しく、先輩をかばったり後輩に説教する際には武闘派に転じる。
酒がまったく飲めない。
男子校でずっと野球に打ち込んでいたため、「甘酸っぱい思いがしたい」との理由で、専門学校に
入ろうと思い調べていたところ、日本映画学校を見つける。ウッチャンナンチャンが卒業している
ことを知り、入ればもしかしたらお笑い芸人になれるかもと思い始める。

通常、お笑いグループを解散あるいは活動停止にする際、「××(コンビ名)○○(個人名)」
(例:ビビる大木、カンニング竹山、桜 稲垣早希など)のようにコンビ名をそのまま芸名として
使い続けることがあるが、升野は「バカリズム升野」ではなく、「バカリズム」とかつての
コンビ名をそのまま芸名にしている(同様のケースに俺のバカ、本日は晴天なりなどがある)。
これはピン芸人に移行する際、芸名を変更すると芸歴がリセットされ、お笑いライブに新人扱いで
オーディションから改めて参加しなければならず、それを避けるためとのこと。
本人は「バカリズムというユニットを今は1人でやっている」と述べている。
ネタ作りは1人で、直接パソコンで台本を書きながら行う。一度に複数の台本ファイルを開き、
飽きたら違うほうという方法で書いている。
ネタは「トツギーノ」や「地理バカ先生」のように数時間で完成するものから、何か月も
かかるものまである。
ネタにおいては発想が先にあって、そのあとにその発想を面白く見せるキャラや見せ方を考える。
また、ネタで使うフリップは手書きである。
「架空升野日記」という架空のOLの日常を綴るブログを書いている。
小林賢太郎(ラーメンズ)と「大喜利猿」という大喜利ユニットを結成している。
今立進(エレキコミック)、ニイルセン、大滝裕一(18KIN)、小林知之(火災報知器)で
「ピコピコ団」というグループとして不定期にゲーム大会を行っている。

テレビ番組では「トツギーノ」や「地理バカ先生」などのフリップネタを披露することが多いが
本人は「誰がやってもいいっていうところがある」という理由で元々フリップネタが好きではない。
「トツギーノ」も当初は単独ライブで箸休め的なネタとして作ったのがきっかけだった。
「トツギーノ」で仕事がもらえるようになってきたが、「このままではトツギーノの人に
なってしまう」ということで、テレビではほかのネタをやるようにした。
エレキコミックと片桐仁(ラーメンズ)が行っているライブ「エレ片」に、仕事の都合で
遅刻した片桐の代役として出演したこともある。ラジオ番組『エレ片のコント太郎』にも
片桐が休みのときに代役でたまに出演する。

2003年から1年間日村勇紀(バナナマン)と同居していたことがあり、『お正月から笑いを
獲れ 新春イロモネアSP!』には日村とコンビを組んで、エントリー名「日村&バカリズム」で
出場している。バカリズムはこの時が『イロモネア』初出場となった。
日村からヒデと呼ばれてている。
今田耕司からも「(後輩の中で)今いちばん面白いと思う芸人」に挙げられている。
2009年11月よりいとうせいこうに誘われTwitterを始める。
2010年のR-1ぐらんぷり出場後にTwitter上で、今後はR-1に出場しないことを発表した。
『人志松本の○○な話』(フジテレビ系)をきっかけに彫刻の森美術館のCM監督を務め、
3パターンのCMが実際のCM枠で約1か月間放映された。
実家は弁当屋で、幼少時代はサザエのふたでおはじき、かまぼこの板で積み木をしていた。
「頭がよい」という芸風であるが、実はあまり頭はよくなく常識が乏しいと認識しており、
2008年頃からクイズ番組への出演は全てNGとしている。

【受賞歴】

1999年 第14回OWARAIゴールドラッシュII優勝
2006年 R-1ぐらんぷり4位
2007年 R-1ぐらんぷり3位
2009年 R-1ぐらんぷり3位
2009年 IPPONグランプリ〜開幕戦inお台場〜 優勝
2010年 R-1ぐらんぷり7位
2010年 IPPONグランプリ〜秋の陣〜 優勝
2011年 IPPONグランプリ〜第5回〜 優勝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。