サバンナ

ここでは、「サバンナ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
所属事務所:吉本興業
メンバー  :八木真澄(1974年8月4日生まれ・O型・ツッコミ)
        高橋茂雄(1976年1月28日生まれ・A型・ボケ)


同じ立命館大学の柔道部に所属し、先輩・後輩関係にあたる。在学中にコンビ結成。
2人ともNSCには通っておらず、大阪NSCの12期生と13期生の間にあたり、同期がいない。

立命館大学在学中に、学祭に来た千原ジュニアが高橋の漫才を見て褒め、それから遊び心で
コンビを結成。 八木が「ジャマイカ」という名前を提案したところ高橋の反対にあったため、
地域名なら妥協してくれるだろうと「サバンナ」を提案。そのままコンビ名になった。
高橋がハロルド作石の大ファンであるため、当時連載中だった『サバンナのハイエナ』に
ちなんでサバンナを提案したとも語っている。

初舞台は1994年、オーディションイベント「2丁目ワチャチャライブJr.」である。
吉本興業所属の芸人だが、コンビ2人共がNSCへ通わずにデビューしたと言う珍しいコンビ。
芸歴としては、大阪NSC12期生(小籔千豊、土肥ポン太など)より後輩だが、同13期生
次長課長ブラックマヨネーズ、徳井義実(チュートリアル)など)より先輩という位置と。




【受賞歴】

第18回 ABCお笑い新人グランプリ 優秀新人賞(1997年)
第4回 BGO上方笑演芸大賞 2008年度大賞受賞(2009年)


【パーソナルデータ:高橋茂雄】

京都府京都市生まれ。
立命館中学校、立命館高等学校、立命館大学卒業。
通称「茂雄」。
ネタ作成担当。
貧弱で色白な体つきと、笑っているようにも捉えられるような独特のトーンでの話し口調が特徴。
実家は歯科医院である。1歳上の兄がいる。祖父、父、兄、親戚に歯科医師が合計5人程いる。

小学校の高学年の時に転校生にいじめられ、このまま市立中学に上がってもまたいじめられる
と思い、6年生に進級した時点から「小学生では信じられない程の集中力」で猛勉強して
私立の立命館中学校に入学。立命館大学卒業2か月前に行われた期末テストと初の単独舞台の
日程が被ったが、高橋は期末テストを蹴って単独舞台を選んだ為に4年で卒業することができず、
その後留年し、残った単位を取得して文学部を卒業した。

自他共に認める「太鼓持ち」、常に先輩の楽屋に入り浸っている。

柔道部時代に八木に徹底的に取り入って「いじめられも、しごかれもしないポジション」を
手に入れていたことが、現在の「たいこ持ち芸人」としてのルーツであったという。
現在はTKF(たむらけんじファミリー)の下部組織、「しげおBOYS」を率いている。

キュウリが大好物である。 柔道部の後輩にくるりの岸田繁がいる。

『アメトーーク!』にて「中学の時イケてないグループに属していた芸人」をプレゼンし、
実現させた。この企画は過去数回放送されており、2009年1月のギャラクシー賞を受賞している。

運動神経が非常に悪い。




【パーソナルデータ:八木真澄】

京都府綴喜郡井手町生まれ。
立命館中学校、立命館高等学校、立命館大学卒業。
通称「八木ちゃん」「真澄」。

高校時代は柔道部のキャプテンで黒帯だった。柔道では食べていけないということで柔道の道を
諦め、税理士を目指して勉強していたが、結局お笑いの道に進む。
柔道二段、極真空手初段。
相撲好きである(好角家)。
大学生の頃から毎日日記を書き綴っている。ほかに、オリジナル詩集やオリジナル小説、
ファッションチェックノートなど、謎のノートが数多く保存されている。その中には
『怪獣大百科』の怪獣のテーマソングを自ら作詞・作曲したノートがある。その様子を高橋は
「未知との遭遇」だと言っている。
自身のiPodには宇多田ヒカルの曲しか入っていないと語るほど大ファンである。

東京に出てきた時に初めて住んだ部屋は家賃3万円の部屋。1軒家で、1階に老夫婦が住んでいて、
隣の部屋によそのおばあちゃんが住んでる4畳半の部屋に下宿した。その部屋をやめた理由が
「なんか、人の家のニオイがする」というものだった。
いたずら電話を撃退する為にかけてきた相手に対してめっちゃキレたが 最後に「ほなね~」と
言ってしまった。「そういうほなねちゃうからね~」とかけなおした。
純粋すぎて、ケンドーコバヤシにホームレスをあれは死んでる人だと教えられて信じてしまい、
ホームレスに対していちいち拝んでいた。


2012年3月14日、かねてより交際していた11歳年下の一般女性と結婚。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。