カンニング竹山

ここでは、「カンニング竹山」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カンニング竹山
所属事務所;サンミュージック
本名 竹山隆範 ピン芸人 ・ 1971年4月2日生まれ ・ O型


福岡県福岡市城南区出身。福岡県立早良高等学校卒業。
元カンニングのボケ担当。俳優としても活動。
福岡県福岡市城南区出身。吉本興業→渡辺プロダクション→個人事務所(事務所名不詳)
→サンミュージック企画→フリーフォークス(MANZAI-Cの個人事務所)を経て、
サンミュージックプロダクション所属。
同期は博多華丸・大吉FUJIWARA千原兄弟など。

高校卒業してから上京して、大学卒業後に芸人になるつもりだったがつもりだったが
大学(高千穂商科大学と帝京大学)を不合格になり、予備校に通う。 1990年、浪人中だった
小学校の同級生であるケン坊田中と「ター坊ケン坊」を結成しTNCのオーディション番組
「第1回お笑いめんたいこ」で優勝。翌年1991年に正式にデビュー。博多華丸・大吉や
コンバット満らが同期に当たる。その後コンビを解散し、仕事が減り単身で逃げるように上京、
たまたま東京の定食屋で、当時まだ板前を福岡でしていた小中学校の同級生中島忠幸と再会する。

1992年、中島と組んで「カンニング」を結成し渡辺プロダクション所属となる。その後独立し
個人事務所を設立したがうまくいかずサンミュージック入り。当初お笑い芸人はカンニング
のみだった。その後フリーフォークス所属からぶっちゃあの呼びかけでまた
サンミュージックに出戻る。

2004年、冬に中島が白血病のため入院。コンビ活動を中断し「カンニング竹山」として
単独で芸能活動を開始。2006年12月20日、療養中の中島が死去。以後ピン芸人
「カンニング竹山」として芸能活動を続けている。

2007年3月30日、結婚。竹山は本当は3月30日が誕生日であり、同学年より一年多く過ごせると
いう理由により親に4月2日を誕生日にされたのだという。モヤモヤした気持ちをこの日付に
持ち続けていたため、この日を結婚記念日とした。

2008年、役者として初の役名(藤井哲男役)付き映画となる『イエスタデイズ』に出演。

アンタッチャブルの山崎と仲が良い。
先輩のダチョウ倶楽部・上島竜兵と仲がよく竜兵会にも所属しており、上島と「キレキャラ」
「いじられキャラ」の芸風が若干似ている。

実家が金持ちなのは有名は話だが、竹山は父親の職業を知らない。父はすでに他界しており、
竹山の夢は父親の職業を知ることだという。竹山が18歳の時に父親に応接間に呼ばれ、
父親がバッグをひっくり返したら1億円が出てきた。そして「金の数え方を教えてやる」と言われ
金の数え方を伝授された。帯つきの100万円の束の中から1枚だけつまんで宙づりにしても
札束がバラバラにならなければ100万円で、札束から1枚でも抜いてあると、宙づりにした
時に札束がバラバラにくずれてしまうとのこと。
また金儲けの極意として「いいか、法律ギリギリが一番儲かる」と伝授した。
実際、父親は警察の世話になったことは生涯で一度もないとのこと。

小さい頃からバイオリンを習っており、バイオリンは体に合わせた大きさのバイオリンを
使わなければならず、体が大きくなるごとにバイオリンを買い換えていた。そのバイオリンの
値段は1挺100万円はするものだった。


【相方:中島について】

ようやく芸人としてブレイクし、テレビ等での露出が増え始めた2004年の年末に中島が
入院。入院後も竹山は中島とふたりで頻繁にネタの相談をしていたため、必然的に
出演料も2人で分けるべきだと考えていたことから、竹山は自分一人での仕事のギャラの
半分を中島の治療費にあてていた。
竹山はすでに同棲していた現在の妻との入籍も、「中島が治るまでは」と先延ばし、
長い交際、同棲の末に結婚したのは、中島さんが急逝したあとだった。
「カンニング」の看板は、芸人を続けているうちは下ろさないと決めており、誰かと
組んで漫才をするということも絶対にしないと、決めているという。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。