東野幸治

ここでは、「東野幸治」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
所属事務所:吉本興業
メンバー 東野幸治 ピン芸人


兵庫県宝塚市出身。兵庫県立宝塚高等学校卒業。
1967年8月8日生まれ、O型。

1985年、高校3年生の時に吉本興業の新人オーディションを受け合格し、芸人となる。
当時、お笑いブームが終わりダウンタウンという新しい世代の芸人を中心に吉本興業が
新たなムーブメントを起そうとしていて、そのオーディションの一環でダウンタウンが
2丁目劇場で公開録音していた「心斎橋お笑い探検隊」というラジオ番組に出演する。
一時期、大学に通う友人に乗せられ大学受験を決意し芸人を休業するも受験に失敗し、
その後は芸人活動に本腰を入れる。

若手時代は心斎橋筋2丁目劇場を中心に活動、ダウンタウンが司会を務める公開生番組
『4時ですよ〜だ』などに出演していた。番組開始当初は素人参加コーナー
「ダウンタウンの欲望」の募集の告知を呼びかける「欲望の男」だけの役であったが、
次第に頭角を現し、最後の半年は今田耕司・石田靖らとともに司会を任されることとなる。
また『4時ですよ〜だ』が放送されていた頃、今田とのコンビで2丁目劇場の超若手が
出演するライブイベント「2丁目jrたんけんたい」(上部組織にダウンタウンが
メイン司会を務める「2丁目探検隊」というライブがあった)の司会進行を担当していた。
この頃の月収は7~8万円程度で、とくに危機感も向上心も湧かなかったという。

『4時ですよ〜だ』の終了後、今田らと共に、当時立て直しが急務となっていた吉本新喜劇の
補強メンバーとして出向を命じられる。当初は吉本新喜劇行きをどうしても受け入れる事が
できず、吉本興業を退社し植木屋に転職する事を考えていた。しかし、今田らの熱心な
説得により芸人引退を思い止まり、吉本新喜劇入りも受け入れる事になる。
その吉本新喜劇では主に主役として出演する。その後、24歳で結婚し子供が生まれる。
今田同様、ダウンタウンを慕い、彼らが上京した1年後に東京へ進出する。

東京進出後、最初は「協調性がないから」と参加を見合わされていた
『ごっつええ感じ』のレギュラーを獲得。しかしコアな笑いを求める。

『行列の出来る法律相談所』に出演するようになってから、コアな笑いは茶の間には受けない
事を知り、“距離感”を学ぶ。

今田耕司や松本人志、島田紳助らから「愛情がない」「人の心を忘れた冷徹なモンスター」
「他人の心にスタッドレスタイヤを履いて踏み込んで来る」「本気で人のことを好きに
なったことが無い」「人の話に興味がない」「家では換気扇の絵ばかり描いている」などと
言われることがある。

学生時代に水泳のジュニアオリンピック候補に選ばれた事もある。
1つ年上の兄とともに「宝塚のスポーツ兄弟」、「トビウオ兄弟」と呼ばれ、その評判は
関西全域に轟いていたという。
最近健康のためゴルフを始め「東野ゴルフクラブ」を設立。東野ゴルフクラブの主要
メンバーは出川哲朗、蛍原徹(雨上がり決死隊)、原西孝幸(FUJIWARA)、大山英雄、
岡村隆史(ナインティナイン)、博多華丸(博多華丸・大吉)、堀内健(ネプチューン)、
ゴルゴ松本(TIM)、堤下敦(インパルス)、梶原雄太(キングコング)、陣内智則、
田村亮(ロンドンブーツ1号2号)。

2000年には小説『泥の家族』で作家デビューを果たし、内容に関しては「7割が作り話で
3割が実話」とコメントしている。テレビ番組で出版社に売れ行きを問い合わせたところ、
1万部発行したところ実質3千部しか売れず、残りの7千部は廃棄処分になったという。
タレント本としては異例の少なさだったとのこと。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。