今田耕司

ここでは、「今田耕司」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
所属事務所:吉本興業
メンバー 今田耕司 ピン芸人


大阪府大阪市出身、清風高等学校定時制課程普通科卒業。
1966年3月13日生まれ・A型。
実家は導善寺という本門法華宗の寺である。父は会社員と住職を兼業。
1981年、全寮制の日生学園第二高等学校に入学。しかし、寮から脱走しそのまま中途退学した。
今田が在籍していた当時はスパルタ教育で、朝4時起床、校外への外出(帰省)は春休み、
二十日間の夏休み、冬休み、のみで、寮生活は上級生が下級生を奴隷のように扱い、暴力、
リンチは日常茶飯事という厳しい校風であった。本人曰く、暴力は何とか我慢出来たが、
ゲイの先輩に自慰を手伝わされたことに精神的に耐えられず、逃げ出そうと決心した。
偶然にも後に芸人として先輩後輩の関係になる浜田雅功も同校卒業生で、浜田も何度か寮を
脱走していた。
その後、清風高等学校定時制課程普通科に入学。昼間は日本一若い店長になることを
目標にしてラーメン屋で働いていた。
1985年、定時制高校の卒業後は「手に職をつけるため」として専門学校の入学を検討するが、
入学料がどこも高く悩んでいた。その中で、最も入学料が安かった学校として、
吉本総合芸能学院に目が留まり、入学を志す(当時NSCの入学料は5万円程度だった)。
その後NSC4期生として入学。同期には130R(ほんこん、板尾創路)がいる。デビュー時は、
ほんこんとお笑いコンビ『ダブルホルモンズ』を結成し、当時ほんこんは「骨付きカルビ」、
今田は「上ロース」という芸名で活動を始める。
1986年、ダブルホルモンズを解散し、ピン芸人として活動を始める。
1989年、「4時ですよーだ」終了後、東野幸治らと共に吉本新喜劇の補強メンバーとして活動。
時には座長として舞台をこなす。
1990年にダウンタウンを慕い東京進出。「ごっつええ感じ」で全国的な知名度を獲得する。
以来ダウンタウンの番組出演のほか、Wコウジとして司会などで活躍した。

現在は多数のレギュラー番組に出演しているほか、ルミネtheよしもとで新喜劇の座長も
務めている。

動物が好きで過去にペットを15匹飼っていたことがった。
キレイ好き(潔癖症)で知られ、酔って自宅に戻った後でも部屋の掃除と洗い物は
欠かさないほど。掃除グッズおたくでもある。
ブルース・リーの大ファン。自宅にはブルース・リーのフィギュアやポスターが部屋中の
いたるところに整然と飾られており、自らが「ブルース・リーBAR」と呼ぶスペースまである。
芸能ゴシップが大好きであり、東野幸治と共に「吉本のゴシップ兄弟」を自称している。
東野曰く「今田の兄貴は難しい漢字は全てゴシップ誌で学んだ」。
漫画愛好家であり、自宅に漫画を読むための部屋を持ち、複数の漫画雑誌も購読している。

東野幸治とはデビュー当時に舞台で知り合い、意気投合。「4時ですよーだ」などで2人で
コントを披露して以降、多くの番組で東野と共に司会を務めた。東野と共に『Wコウジ』と
称されているがコンビではない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。