U字工事

ここでは、「U字工事」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
所属事務所:アミーパーク
メンバー  :福田 薫(1978年5月12日・AB型・ツッコミ )
        益子卓郎(1978年6月16日・A型・ボケ)


2人は高校の同級生で2000年にコンビ結成。二人ともに桜美林大学出身。
大学進学時から上京して東京(大学時代は大学近辺の町田市及び神奈川県相模原市)で暮らし
ており、更に番組の罰ゲームで一時期本籍地を栃木から東京に変更していた。
1996年、高校生時代にアマチュアコンビとして『AHERA』に出演したことがあった。
また、高校3年生の時のクラスの文化祭の出し物は2人による漫才だった[7]。
『爆笑オンエアバトル』では2回連続オーバー500を記録したことがある。チャンピオン大会に
4度出場しているが、3回はセミファイナル敗退という結果に終わり、セミファイナルが
なかった第12回大会でもファーストステージで敗退した。
『M-1グランプリ』では、2003年から2007年にかけて5年連続準決勝進出を果たしている。
2008年には初の決勝進出を果たすも、5位に終わる。
これが原因で『レコメン!』の罰ゲームで本籍地を栃木県から文化放送のある東京都港区浜松町
に移すことになった。但しその2年後の2010年10月19日の同番組で
「2時間ノンストップ漫才」に挑戦し、リスナーの高い評価を得た為、本籍地を栃木県に戻した
(仮に評価が低かった場合、「ごめんねごめんね~」に因み、本籍を浜松町から
高知県南国市後免(ごめん)町に変更させられるところであった)。
しかし、レギュラー出演している『イブニング6』内の「Road to J SC 一枚岩」
(2009年1月5日放送)で、「とちぎテレビと栃木県を盛り上げてくれた」との理由で
とちぎテレビ社長・齋藤清衛から感謝状と金一封を贈呈された。
ラストイヤーである翌年2009年も出場。準決勝まで進出するが敗退。敗者復活にも出場するが、
2年連続の決勝進出はならなかった。これにより再び『レコメン!』の企画で栃木県民に
直筆の謝罪ハガキを送る事になったが、番組が往復ハガキでの希望者を募った所1万通を
超える応募があった。

栃木なまりでしゃべる漫才が特徴。上京当時は共通語でやろうとしたが無意識に訛っていると
言われていたため、水道橋博士の助言で訛りを強調するようになる。しかし、聞き取りづらい
との指摘があったことから2005年ごろから訛りを抑えめにしてゆっくり喋るようになっている。
U字工事という名前の由来について、2009年7月26日放送の『誰だって波瀾爆笑』にて、
高校時代の同級生より‘実は工事現場のU字溝の看板からその名が付けられた’という事実を
初めて明かされ、本人達も驚いた様子であった。
「ごめんねごめんね〜」はバイト先の人の言ったフレーズをパクったものであり、2003年
ネタに導入した。
衣装のスーツはオーダーメイドであり、色は白・銀・青・金が存在する。
THEE MICHELLE GUN ELEPHANTやDREAMS COME TRUEもオーダーしたことのある
洋服店の常連である。
下野新聞をネタ作りの参考にしている。
かつて二人でアルバイトをしていた東京都町田市にあるマグネシウム工場ではいつでも
戻って来られるように、今でも二人のタイムカードがそのまま残されている。その工場には
10年間勤務し、主にパソコンや携帯電話の細かい部品のバリ取りに従事し、面接官を
担当した事がある。また、その工場のバイトの後輩と飲酒して喧嘩をしたときに、後輩が
「あーじゃあ!もういいよ!俺がわりいーよ(悪いよ)!ごめんねごめんね〜!」と
言い切ったので、それを舞台で披露してみたらウケたので投げやりに謝るようになった。

浅草キッドに憧れて漫才の世界を目指しており、若手時代から浅草キッドに世話に
なっており、2009年5月19日放送の『草野☆キッド』の中で浅草キッドに感謝の言葉を述べると、
浅草キッドの二人は涙ぐんだ。

サンドウィッチマンとは仲が良く不定期にトークライブ「R-4」を開催している。
『M-1グランプリ2007 DVD』の特典映像では、サンドウィッチマンの自宅で行われた優勝祝賀会
にも参加しており、その際2人から「来年はお前らが決勝行けよ」と言われ、
翌年初の決勝進出を果たした。


【受賞歴】

2008年 M-1グランプリ5位
2010年 国立演芸場花形演芸大賞 金賞

【パーソナルデータ:福田 薫】

栃木県那須郡西那須野町出身。桜美林大学経済学部経済学科卒業。
趣味:競輪、野球、映画鑑賞
プロ野球は横浜ベイスターズのファン。
中学時代はバドミントン部、高校時代はラグビー部に所属していた。
金銭面については厳しく(所謂、ケチ)後輩に奢った金額をどれだけ酔ってもしっかり
把握している。
小説坂の上の雲の愛読者。
スカジャンが好きでよく着ている。
時代劇が好きで、今も鞄の中に藤沢周平の本が入っている。
田舎の1時間に一本しかでない電車が来たのにボーッとしてて乗らなかった、M-1決勝戦の直前に
行方不明になった。見つかったと思ったら2時間ねていた」などのエピソードがあり
「でれすけ」(栃木弁でだめ、いい加減なやつの意味)と相方に言われる。

2011年5月14日、一般女性と婚約。


【パーソナルデータ:益子 卓郎】

栃木県那須郡黒羽町出身。桜美林大学経営政策学部ビジネスマネジメント学科卒業。
趣味:演歌、野球

かなりの人見知りで、上京したばかりの頃、理容店に行く勇気がなく福田に髪を切って
もらっていた。
大の猫好き。
プロ野球は東京ヤクルトスワローズのファンである。好きな選手は真中満だった。

2011年6月24日の自身のブログで5年間交際していた一般女性と結婚を発表した。
尚、女性には7歳の連れ子(女児)がいるので結婚と同時に1児の父親となった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。