小籔千豊

ここでは、「小籔千豊」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
所属事務所:吉本興業
メンバー 小籔千豊 ・ ピン芸人


大阪市住之江区出身、近畿大学付属高等学校卒業。
1973年9月11日生まれ・B型

1993年、山田知一(現在はやまだともカズの名で構成作家として活動)とコンビ「ビリジアン」
を結成。フルーツ大統領のメンバーに編成されるなど関西では人気を得るも2001年に解散した。
解散直後、小籔自身は警察官への転職を真剣に考えるなど、一時芸能界からの引退を決意しか
けたが、その独特なスタイルなどから吉本の社員に慰留され続け、バッファロー吾郎の
木村明浩の薦めで同年吉本新喜劇に入団する。

入団当初は声量も足りず、セリフも棒読みに近いものだったが、主に内場勝則座長の下「
いざという時頼りない人」「全身紫スーツで固めた身体の弱いヤクザ」(池乃めだかと組んで
演じる)「小悪党の秘書」でブレイクすると司会役、店員役などあらゆる重要な役柄を与え
られるようになり、一躍新喜劇のエース、吉本の有望株に急成長を遂げた。

2004年夏からは、座長不在時に川畑泰史と組んで座長代理も務め、その「川畑小籔コンビ」の
新喜劇が内外で高い評価を得る。また、同年秋からはNHK朝の連続テレビ小説「わかば」の
レギュラーに抜擢され、原田夏希演じる主人公若葉の先輩職人・杉本康博役を演じ、全国的に
小籔の知名度を広めることになった。

2005年3月には「吉本新喜劇 川畑泰史・小籔千豊公演 がんばろっカナ!?キャンペーン」を
なんばグランド花月にて開催。吉本新喜劇の歴史に残る大イベントを成功させ、イベント内で
新喜劇の大御所・桑原和男からも「(川畑小籔両名は)次代の新喜劇を背負うのに
相応しい人材」とお墨付きを貰っている(その後も、現座長の内場や辻本茂雄が重鎮
ポジションになり、次期座長候補の小籔が座長の立場になって新喜劇を上演するなど、
次代の新喜劇を背負う小籔にさらなる飛躍が期待されてきた)。

これらを受けて、2005年8月に座長就任要請があり、2006年1月に受諾を決意。
2月28日に襲名御披露目を行い、その後1週間は「小籔祭り」として名実共に初の座長公演が
行われた。初回の襲名口上には、内場と辻本、吉田ヒロの3座長と未知やすえが脇を固め、
2回目以降は辻本、ヒロの代理としてめだかと川畑が参加した。

新喜劇外の活動としては、2006年上方お笑い大賞の話題賞を受賞するほか、2003年1月16日には
同じく新喜劇を主戦場とするレイザーラモン(出渕誠と住谷正樹)と3人によるユニット
「ビッグポルノ」を結成。コントやラップ、トークなど、様々なパフォーマンスを行った。
また、2005年8月31日には「国立文楽劇場より愛をこめて」と題して同所では異例の
コントライブを行い「伝統とエロスのコラボレーション」(小籔談)を具現化してみせ、
ラップナンバー「SUNRISE SUNSET」ではボーカルとラップを務めた。より多くの人に
ビッグポルノを見せたいという思いから、サマーソニックなどの野外音楽フェスティバルに
出演を希望したが全て断られたため、それならばと自らお笑いと音楽を融合させ
た野外イベントを企画し、2008年から「コヤブソニック」として毎年規模を拡大
させながら開催を続けている。

また、土肥ポン太と一緒におくにと申します。で2005年のM-1にも挑戦した。翌2006年は座長・
社長とコンビ名を改め出場した。また、翌2007年は、川畑と座長座長として出場し、
見事準決勝進出(敗者復活は辞退)。また、座長座長としてキングオブコントにも出場している。
2008年2月20日に、亡くなった小籔の母親への後悔の思いを歌った「プリン」を発売し、
歌手デビューも果たした。この「プリン」は「誰も知らない泣ける歌」で紹介、スタジオの
涙を誘ったが、西田敏行からは「歌、下手だな」と言われてしまった。

大阪NSC12期生。同期には2丁拳銃やCOWCOW、土肥ポン太、テンダラーなどがいる。
最大の特徴は、身長188cm、体重63kgという長身かつ超ガリガリ体型。
小籔の『やぶ』は藪や薮ではなく、正しくは籔(いわゆる原義が「竹藪(たけやぶ)」の
方の"やぶ")である。
プロフィール上、身長185cmと表記されていたが、座長就任時のキャンペーンとして「
小籔の身長188cmより高い人は無料」と言うキャンペーンを行っていたため、188cmと思われる。
妻、娘一人、息子一人。奥さんは菅原洋一にそっくりだと、他の芸人等に言われる。
夫である小籔曰く「奥さんの顔は2点だが、性格は100点」らしい。
実家は自転車屋を経営している。祖父は民間療法施術者であり、小籔はよく「医者もどき」
と揶揄して語っている。

父と妹は、小籔本人とほとんど同じ顔。子供の頃、妹と2人で道を歩いていると、見ず知らずの
おじさんから「君ら、小籔さんとこの子やろ」と言われたことがある。妹は、名古屋の
和菓子店・松河屋老舗に嫁いでいるのが自慢。
菜食主義者で、自ら「ロハスの先駆け」と語っており、BSE騒動の際には、「私の時代が来た」
と語ったと言われている。ただし、魚や乳製品は食べることが出来、思想的なものではない
(いわゆるペスクタリアン)。小籔の祖父が「肉は体に悪い」として教育していたため、
肉を受け付けない体になってしまった(ちなみに、その祖父は60代で死去)。マクドナルドでは、
もっぱらフィレオフィッシュ。にも関わらず、2006年の健康診断で、痛風の気があると診断された。2010年4月5日放送の日本テレビ「アンラッキー研究所」では、ラムなどの肉を食べないことについての
質問は何万回も聞かれてきた、もし無人島で食糧が肉のみであれば食べると語った。
年に数回、大便を漏らすことがあるらしい。
以前、陣内智則宅に招かれてトイレに入った際、藤原紀香が使用したであろう便座に興奮し、
座って間接的に便座から触感を楽しんだというエピソードが一部で反響を呼び、「便座座長」
とも呼ばれている。
座長に就任してからは、テレビ番組出演時の自己紹介の際必ず「吉本新喜劇座長の〜」という
冠をつけるようになった。また、コメントを求められた際に「I am 座長の私も〜」と言うこと
もある。新喜劇の宣伝やアピールも積極的に行う。
土肥ポン太を「永遠のライバル」と目しており、2007年の「オールザッツ漫才」で土肥のネタ
(お嫁サンバのカメラマン)が大ウケした際、小籔は舞台裏で般若の様な顔になっていたという。

小籔軍団なる一団を引き連れて、クラブ等を飲み歩く。構成員は、主によしもとの若手芸人。
将棋を趣味とし、吉本興業内での将棋大会で優勝するほどである。将棋のプロとも面識が
ある。小籔が将棋を始めた理由は母親がきっかけ。母親が勤めていた会社に同期で入社した
二人の男がおり、その内の1人は真面目で仕事もできたが、もう1人はボンクラであった。
しかしこのボンクラの方が将棋、麻雀、ゴルフを趣味としており、この趣味を生かして上司に
取り入り出世していったのだが、真面目な方は出世しなかった。このことから世渡りが上手に
なるようにと母親は当時子供であった小籔に将棋を教え始めた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。