くりぃむしちゅー

ここでは、「くりぃむしちゅー」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
所属事務所:ナチュラルエイト
メンバー  :上田晋也 (1970.5.7生まれ・O型・ツッコミ)
        有田哲平  (1971.2.3生まれ・血液型不明・ボケ)


2人は熊本県立済々黌高等学校の入学式当日に出会い、共通の趣味であるプロレスをきっかけに
意気投合。そろってラグビー部に入部し親交を深める。2人は非常に仲がよく、ラグビー部では
コンビを組みよく部員を笑わせていたという。顧問の先生や部員におかしなあだ名を付けたり
2人が「事件」と呼ぶ数々の笑える出来事が起こったりした済々黌ラグビー部こそが、
くりぃむしちゅーの笑いの原点であったと本人達は言っている。
当時の上田はいわゆる学校の番長的存在で、有田はその上田に付いていくような感じであった。
有田によれば、上田は硬派らしく済々黌で初の童貞番長だったという。

有田は高校卒業後、現役で明治大学法学部二部に合格。浪人が決まった上田から
「一緒に早稲田に入ろう」と誘われ、有田は大学に入学せず2人別々の予備校に通う。1年後、
上田は早稲田大学教育学部国語国文学科に合格するも、有田は早稲田大学に不合格。
有田は自分と同じように上田がまた浪人してくれると思っていたが、上田から 
「お前は立教がいい」と言われ、上田は早稲田大学に、有田は立教大学に入学した。

上田は大学を中退。芸能事務所に履歴書を送る日にたまたま久しぶりに有田哲平に会ったこと
が縁となり、上田は有田を芸能界に誘う。有田も大学を中退。
1991年にコンビ『海砂利水魚』を結成しコント山口君と竹田君の付き人としてスタートする。

1992年から開始したフジテレビ系のバラエティ番組『ボキャブラ天国』シリーズに出演、
爆笑問題ネプチューンら多くの芸人と共に人気を博す。

2001年10月にコンビ名を「海砂利水魚」から「くりぃむしちゅー」に改名。
改名に至った発端となったのは2000年、『新・ウンナンの気分は上々。』にてさまぁ~ず(当時バカルディ)との改名対決である。

バカルディとは改名対決の前から険悪(という設定)で、お互い「もう二度と出てくるな」
「一緒に出ると好感度が下がる」などさんざん言い合っていた。そこで内村光良により
「それならいっそのこと勝負をつけよう、負けたほうには罰を」との提案がなされ、
「対決をして負けた方は改名」という対決企画が組まれることになった。最初はバカルディが敗北し
さまぁ~ず』に改名させられる。しかし改名後、さまぁ〜ずは徐々にブレイクし、期間限定改名
だったはずが、元に戻す必要性がなくなってきた。そこで、再びコンビ名改名ビーチバレー対決が
行われるが、今度は海砂利水魚が敗北し、『くりぃむしちゅー』に改名する運びとなった。

名前の由来は有田の好物であるクリームシチューから。上田がコンビ名をあまり気に入って
いなかったこともあって、当初「くりぃむしちゅー」は半年間の期間限定ということだったが
期限切れが近づくにつれ、本人たちも元の名前に戻すかどうか迷い始める。ファンを集めた討論会を
同番組で行ったものの、結局結論は出ず、最終的には内村がビリヤードで落とした球の数字が偶数
だったら「くりぃむしちゅー」、奇数だったら「海砂利水魚」というゲームを行い、結果14番が
落ちたため、そのまま「くりぃむしちゅー」を名乗ることになり、現在に至っている。
「改名でブレイクした」という世間の認識に対して、本人達は日経エンタテインメントの
インタビューなどにおいて「改名前から売れ始めていた」と強調している。

お笑い芸人の看板とも言うべきコンビ名を安易に変えてしまった内村はその責任を重く感じ、
その後両コンビ(特にさまぁ~ず)を自身のレギュラー番組などで積極的に起用していった。
これが不遇の時期を過ごしていた両コンビに世間の目に触れる機会を与え、のちのブレイクを
後押しする形となった。

さまぁ~ずとは、改名対決終了後はほどなく和解したという設定。無論実際に険悪だったわけはなく、
番組の演出またはネタである。2組は『内村プロデュース』『ミドル3』などの番組で
仲良く絡んでいる。両コンビが改名に揺れていた2001年8月23日には、『ナインティナインの
@llnightnippon.com』にさまぁ~ず、海砂利水魚が揃ってゲスト出演し、お互いのトークで
盛り上がっていた。


転機となったのは2003年。上田がテレビ番組『虎の門』の1コーナー「うんちく王決定戦」で優勝
一躍脚光を浴びる。以降上田は「うんちく王」の称号と共に、薀蓄芸と呼ばれる芸風で数々の
メディア出演や執筆活動を行う。「たとえツッコミ」も知られるようになった。
有田も上田の人気を僻みつつも、同年から『内村プロデュース』にピンで度々出演し、
存在感を発揮。また、『ロンドンハーツ』で女性にナンパされる企画で素の面白さが茶の間に伝わり
好評につきスペシャル番組で取り上げられるなどした為、認知度が高まった。その一方で、
趣味の格闘技好きを活かしてCSチャンネル「サムライTV」でレギュラー番組を担当した。

その後徐々にコンビでの番組出演の機会も増加。再度訪れたお笑いブームの波にも乗って、
2004年には多数のレギュラー番組を抱える売れっ子となった。

2009年9月、プライムからチーフマネージャー大橋由佳が設立した「ナチュラルエイト」へ移籍。




【パーソナルデータ:上田晋也】

熊本県熊本市出身、早稲田大学教育学部中退。
実家はプロパンガスの業者。
3人兄妹の次男。兄の上田啓介は熊本で番組プロデューサー兼ローカルタレントをやっており、
全国放送の番組としてはフジテレビの『ものまね紅白歌合戦』に「上田晋也のそっくりさん」
として参加した。それ以外にも『くりぃむナントカ』に数回出演しており、公式ホームページには
上田が居るべきところに兄が写っている。兄はラジオ番組のピンチヒッターを務めたり、
『おしゃれイズム』に出演したりなど頻繁に全国放送の番組に出演したがっている兄を上田は
「日本一性質(たち)の悪い素人」と呼び、迷惑がっている。また、兄は自身の高校時代の
同級生と組んでM-1に出場、あえなく1回戦で落選した。他に妹が1人。

天然パーマである。
芸能界きってのうんちく王。
高校時代はいわゆる学校の番長的存在で、有田はその上田に付いていくような感じであった。
高校を卒業後、一浪を経て、早稲田大学教育学部国語国文学科に入学するも中退。お笑い芸人に
なることを決意し、事務所に履歴書を送る前日に、偶然、友人宅で有田哲平と再会し2人で履歴書を
提出することになり、デビュー。上田本人がネタを見て1度も笑ったことが無いという
コント山口君と竹田君の付き人としてスタートする。当時のコンビ名は、
海砂利水魚 (かいじゃりすいぎょ)。当初は海砂利水魚というのが落語の「寿限無」から
出てきた言葉だということを知らなかった。

2004年12月14日に同郷・熊本県出身の一般人女性と結婚。2006年6月7日に第1子となる女児が誕生
していた事を、同月11日放送の日本テレビ系列『おしゃれイズム』内で発表。
2010年12月1日、男児誕生を「ナチュラルエイト」サイトにて発表した。

長淵剛、松田優作、仲間由紀江の大ファンである。


ファッションセンスが悪く、よく他人に笑われるが開き直ることにしている。結婚後は、家を出る
前に妻にファッションチェックをしてもらうようになったが、3回に1度は服を変えるよう言われる。
いわゆる「老け顔」で、デビュー当時から顔の見た目が変わっていない。有田は若手時代に「なんであんな年上の人とコンビ組んでるの?」とよく聞かれたという。

高所恐怖症かつ閉所恐怖症であり、観覧車に乗っただけでも身動きがとれなくなる。

お笑い芸人になっていなかったらアナウンサーになりたかった。

過去にアンジャッシュの児嶋一哉を居候させていた。その時の児嶋は勝手に冷蔵庫を開け食べ物を
食べていたり、上田のベッドを占領していたりしたが、上田は一切怒らず寝ている児嶋に
毛布をかけてやっていたという。
アンタッチャブル柴田が休養中上田は柴田と一緒に山崎が出てる番組を見ていた。



【パーソナルデータ:有田哲平】

熊本県熊本市出身、立教大学法学部中退。
3人兄弟の次男。弟は放送作家の有田真平、兄は地元で教師をしている。
母は水泳でオリンピックの代表候補になる程の選手だった。現在も熊本県内にある室内プールで
管理者の傍ら、子供達に水泳の指導を行なっている。2008年には、マスターズ世界水泳選手権の
平泳ぎ・シニア部門で6位に入賞した。あまり練習せずに大会に挑んだそうで、もっと練習して
いれば3位以内には入れた、と悔んだという。

父は広告代理店を経営していた。高校生になってからも父親の事を「パパ」と呼んでいたと。
(そう呼ぶように言われていた)。しかし、有田の大学入学後に会社が倒産、授業料を滞納する
事態に。それに関する父親からの報告と、有田からの「大学を中退してお笑いをやりたい」旨の
報告とが偶然にも重なり、有田は勘当を覚悟したが、父親に「学費を納めなくていいなんて
お前は孝行息子だ。それにやりたい事を見つけるなんて素晴らしい!」と絶賛されたという。
後に知るが、その時点で会社が傾いていたらしい。父親の事業破綻後に両親は離婚したが、
有田はその事実を知らず、当時レギュラー出演していた『王様のブランチ』の中継コーナーで
実家を訪ねると、有田家の表札が「長谷川」に変わっており、大変ショックを受けたという。

いとこは小説家の鵜波美布(代表作に『武運』等)。

叔父は政治学者で、日本初のノーベル賞選考委員やスウェーデン王立アカデミーの会員を務めた
矢野暢。「幼少期より、よく両親から『親戚にいる大学教授の叔父さんを見習え』と言われて
いたが、その人がセクハラで訴えられた。」というネタをよく使う。

高校のラグビー部時代、試合では上田がレギュラーであったのに対し、有田はベンチ要員だった。
その上、ラグビーのルールをよく理解しておらず、ある試合で上田がボールを持ちトライするべく
ラインに向かって走ると、有田はチームメイトである上田にタックルを仕掛けたという。
初めて出場した試合では試合慣れした様子を出そうと野次を飛ばし審判に注意された。
その後気まずさを隠して歩いているとサイドフラッグに引っかかり右腕を折る。
恥ずかしくて名乗り出られず、数プレーの間左手だけでボールを扱おうとするも上手くいかず、
事情を知らないチームメイトから注意された。また、ある日ラグビー部の皆で将来の夢を話して
いた時、他の部員は「弁護士」「起業家」などと真面目に目標を述べていたが、有田は
「俺は光GENJIに入る!」と真顔で豪語し、一同を呆れさせた。

に大学での生活に馴染むことが出来ず、友人も殆ど作れなかったことから、しばしば一人ぼっちで
キャンパス内のベンチに座り、煙草を吸いながら時間を潰していたといい、最終的に中退に
至ったのも、この事に起因した部分もあったという。

カジノが好きで、海外旅行は専ら韓国やアメリカ等のカジノがある国が多い。韓国のカジノで
熱くなりすぎて負けが込み、現地に居合わせた見ず知らずの日本人や、当時ほぼ初対面であった
美川憲一にお金を借りた。そのお金は、日本に帰国してすぐに二人の元へ返しに行ったという。

菅野美穂の大ファン。2009年1月19日放送の『しゃべくり007』で念願の対面を果たした。
大のプロレスファン。
TVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の大ファンで。。

アンタッチャブルの山崎弘也を可愛がっており、山崎と同じマンションに住んでいる。
なお、山崎は後輩なので有田より下の階に住んでいるという。
おぎやはぎの矢作兼とも大変仲が良く、山崎を含めた男三人で毎年旅行に出かけているほど。
番組収録の合間に山崎やおぎやはぎ、次長課長等の後輩芸人を集めて、芸に対するアドバイスや
ダメ出しを行う(「有田塾」と呼ばれている)が、「全くためにならない話ばかり」している。
また、土田晃之には「『銭形金太郎』のロケで泣け。」とアドバイスをした。
その一方で、的確なアドバイスもしており、土田は有田に言われた「『好きな芸人は誰ですか?』
という街頭インタビューがあった時、お前の名前は挙がらないかもしれない。しかし、
『土田の事を面白いと思うか?』という問いで、9割の人が面白いと答えてくれる様な芸人になれ。」
という言葉は、雛壇芸人等のサブとして活動していこうと覚悟を決める際に重要なアドバイス
だったと語っている。

共演の多いネプチューンの堀内健からは、「これからの事も、お笑いの事も真剣によく考えているし
芸術を見るセンスもある。とにかく凄くいい奴。」と評されている。
相方・上田の2人の姪(上田の実兄・上田啓介の娘)を大変可愛がっており、上田を心配させている。
有田曰く、「どんなにユルいギャグを言ってもウケるから気分がいい。」との事で、休日には2人と
遊ぶ為だけにわざわざ熊本まで帰省し、当時流行していたナルミヤ・インターナショナルの
ジュニア向けブランド服「メゾピアノ」等をプレゼントした事もあるという。


2008年、DVD『特典映像』で監督としてデビュー。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。