南海キャンディーズ

ここでは、「南海キャンディーズ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
所属事務所:吉本興業
メンバー  :山里亮太 (1977.4.14生まれ・AB型・ツッコミ)
        山崎静代 (1979.2.4生まれ・A型・ボケ)



2003年6月にコンビ結成、コンビ名はザ・プラン9のヤナギブソンが命名した。
同年M-1グランプリ準決勝進出。翌2004年大会では、無名ながら決勝進出(麒麟枠)
、準優勝を果たした。それがきっかけとなりテレビ番組やラジオ、CMなどに出演。
結成2年で多数のレギュラー番組、更に関西ローカルながら冠番組までも獲得した。
2005年後半に活動拠点を大阪から東京へ移した。2005年のM-1グランプリにも出場するが最下位。
敗因は山里曰く「稽古不足」。以後2006年、2007年のM-1グランプリへの出場を見送る。
2006年大会の不参戦について、山里は自身のブログで「ただしっかりと漫才、ネタとは
向き合い続けます!」と語っている。2008年には3年ぶりに参戦するも準決勝敗退。
翌年の2009年大会には4大会ぶりの決勝進出を果たしたが8位に終わった。
山里はガチガチに緊張したと語っている。後日、山里は審査員の松本人志から
「すべてが0.5秒遅れていた」と敗因を指摘され、ネタを自分で見直してその通りだと反省した。
また、山里によると「自分達のベストバウトは2009年の準決勝だった」らしい。山崎も同調している。


お笑いコンビ「足軽エンペラー」解散後、ピン芸人「イタリア人」として活動していたが
鳴かず飛ばずだった山里が、当時「西中サーキット」を解散し「山崎二宮」として活動していた
山崎をケーキバイキングに誘い、自分で考えた漫才のネタを書いたノートを渡しコンビ結成を誘う。
山崎は当初告白されると思い戸惑いながらノートを読むが字が下手だったため「顔も字も気持ち悪い」
と思ったという。しかし、「当時の相方二宮が男前でネタに集中できなかったが山里なら
その心配はない(「生理的に受け付けないルックス」とまでTVで公言している)」と考え
コンビを結成した。

山里によると山崎が「フラガール」の撮影をしてた頃は本気でコンビ仲が悪かったという。


【受賞歴】

2004年 ABCお笑い新人グランプリ優秀新人賞
2004年 M-1グランプリ2位
2005年 上方漫才大賞優秀新人賞
2005年 M-1グランプリ9位
2005年 ゴールデン・アロー賞新人賞
2009年 M-1グランプリ8位



【パーソナルデータ:山里亮太】

千葉県千葉市花見川区出身、関西大学文学部教育学科卒業。

【パーソナルデータ:山崎静代】

京都市福知山市出身、聖和短期大学卒業。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。