2丁拳銃

ここでは、「2丁拳銃」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
所属事務所:吉本興業
メンバー  :川谷修士 (1974.5.17生まれ・A型・ツッコミ)
        小堀裕之 (1974.1.9生まれ・B型・ボケ)


コンビ名の由来は2人がファンであるTHE BLUE HEARTSの『44口径』の歌詞からつけたもの。
後に『44口径』は舞台出演時の出囃子となる。出会いはNSCで共に12期生。
同期にCOWCOW、土肥ポン太など。
1993年6月コンビ結成。漫才のほか、音楽活動でも知られる。CDを何枚かリリースしている。
なおデビュー曲「逢いたくて」は、週間ランキング72位を記録している。

大阪時代には絶大な人気を誇り、baseよしもとの看板芸人であったが周囲の反対を押し切って
2000年に東京進出。baseよしもとの卒業では東京進出第1号。
現在ルミネtheよしもとの舞台に出演中。また、100分間ノンストップの漫才を行う単独ライブ
「百式」などでも知られる。



【受賞歴】

1997年 第18回ABCお笑い新人グランプリ優秀新人賞
1997年 第27回NHK上方漫才コンテスト優秀賞
1997年 平成9年度NHK新人演芸大賞(演芸部門)大賞
1998年 第33回上方漫才大賞 新人奨励賞(1998年)
1994年 第7回爆笑BOOING(関西テレビ)第7代グランドチャンピオン
2003年 『M-1グランプリ2003』決勝4位
2009年 第2回上方落語台本大賞 優秀賞※演題「ハンカチ」、


【パーソナルデータ:小堀裕之】

奈良県奈良市出身、大阪経済法科大学中退。
ニックネームはヘドロ。トロリの小堀。既婚者で3児の父。
「パカパ〜」という掴みのギャグがある。
子煩悩。一時期、携帯の待ち受け画面が子供の写メだった。
歯茎が出ているので、後輩からはグキ兄と呼ばれることも。ブサ兄とも呼ばれる。
吉本ブサイクランキング上位の常連である。
先輩・後輩問わずいじられるいじられキャラ。
甲本ヒロト、THE HIGH-LOWS、THE BLUE HEARTSの大ファンである。
ロック魂に満ち溢れている。
「2丁拳銃の拳(Gu)」の企画で瓦割を1枚だけ割ろうとするも失敗。再度挑戦し、今度は5枚割るが
手を骨折した。
幼少の頃は両親が離婚するなど複雑な家庭環境で育っており、テレビ番組やライブで当時の逸話を
話すこともあるが、内容が重すぎてあまり笑いが取れないと言う。
2009年頃からは、マッシュルームヘアにしており、「どうもビートルズです」という掴みギャクを
多用していた。この副次的効果として、2010年4月に斉藤和義がリリースした『ずっと好きだった』
のPV(アップル社のビルの屋上で行われたビートルズのゲリラライブをパロディ化したもの)に、
リリー・フランキー、濱田岳と共に出演している。2011年11月に斉藤がリリースした
『やさしくなりたい』のPV(日本武道館でのライブをパロディ化したもの)にも再び出演している。



【パーソナルデータ:川谷修士】

兵庫県神戸市出身。兵庫県立東灘高等学校(17期生)卒業。
夫人は放送作家で元「高僧・野々村」の野々村友紀子。愛妻家。2児の父。
野々村はもともと2丁拳銃の先輩であるため、小堀曰く「会うと変な感じ」と述べている。
嫁は自分の旦那のこと(川谷)は褒めちぎり、小堀のことをボロクソに言う。
「吉本男前ランキング」上位の常連。しかし本人は女性には奥手で、嫁以外の女性経験がない。
歌がとても上手いことで有名。
甲本ヒロト、THE HIGH-LOWS、THE BLUE HEARTSの大ファン。
過去に引ったくりを捕まえて警察に表彰されたことがあり、このことを漫才のネタにもしていた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。