宮川大輔

ここでは、「宮川大輔」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
所属事務所:吉本興業
メンバー  宮川大輔 ピン芸人 (1972.9.16生まれ・B型)



京都府京都市出身。京都西高等学校卒業。
高校3年生の時に、父親の同級生である桑原征平(当時関西テレビアナウンサー)の紹介で芝居を
目指すべく阪NSCに同期生から2か月遅れで入学。

1991年4月に同期の星田英利(現・ほっしゃん。)とチュパチャップスを結成。同年より同期の
ナインティナイン(宮川が入った時にはナイナイの二人は学費未納で中退していた)等と共に、
お笑いユニット「吉本印天然素材」に参加する。なお宮川はメンバー最年少であった。

天然素材の人気が低下した1998年頃には、芝公園にあったロシアレストランのキッチンで働き
ながらお笑いを続けていたが、1999年にコンビ解散。解散後は舞台を中心に活動。2001年に
ルミネtheよしもとがオープンすると、「吉本新喜劇」に出演するようになり芸人の仕事に復帰する。
2008年頃からは、連続ドラマに出演するなど俳優としての活動も増えている。また、解散後も
元相方・ほっしゃん。とは舞台やテレビで共演をしている。

「人志松本のすべらない話」シリーズは2004年の初回放送から毎回出演しており、得意の擬音や
アクションを巧みに利用し、家族の話など多数すべらない話を披露している。これを切っ掛けに、
バラエティ番組への出演も増えている。元々この番組は、MCの松本人志が番組中に大輔が披露した
「食事へ向かう途中」という話をプライベートで聞いた際に「こういう何度聞いても面白い話を
披露する番組をやりたい」との発想から生まれたという経緯がある。後にスピンオフ企画として
『大輔宮川のすべらない話』がCSフジテレビ721で放送された。

ダウンタウン松本や千原兄弟の千原ジュニアと非常に仲が良い。
蛍光色を好み、普段着でも成功色の洋服や小物を身につける。
文房具が好きで、海外へロケへ行った際に必ず買ってしまうという。
ヘビースモーカーで、1日に50本以上のたばこを吸う。
たばこが原因で、映画で樹木希林とのキスシーンがあったが、先方からNGにされた。


1997年 一般女性と入籍。
2010年12月2日、結婚13年目にして第1子(男児)が誕生。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。