ケンドーコバヤシ

ここでは、「ケンドーコバヤシ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
所属事務所:吉本興業
メンバー  :ケンドーコバヤシ ピン芸人 (小林友治 1972.7.4生まれ・O型)


大阪市東住吉区出身。初芝富田林高等学校卒業。
NSC大阪11期生。同期に陣内智則たむらけんじ、中川家など。

NSC在学中「沖・小林」を経て、現ハリガネロックのユウキロックと「松口VS小林」を結成、
ボケ担当。ツッコミにドロップキック等のプロレス技を用いたり、ネタをしながら互いに
プロレス技を掛け合うといったアンタッチャブルな芸風で人気を得るが、コンビ名通り対立関係に
発展してしまい方向性の違いから1995年解散。

その後同期の村越周司と「モストデンジャラスコンビ」結成。一応ツッコミ担当だったが、
全くボケ・ツッコミの区別がつかない無秩序なネタを生み出し続けた。当時の心斎橋筋2丁目
劇場ブームに乗り、また小林の実力を評価した千原兄弟や、バッファロー吾郎、FUJIWARAなど
先輩芸人の後押しもあり活躍。モストデンジャラスコンビは村越が芸人引退を希望し
(村越はフリーのピン芸人として2006年復帰)、2000年3月解散。

解散に伴い、ピン芸人としてbaseよしもと、2003年9月からはうめだ花月を中心に活躍。

バッファロー吾郎主催の大喜利イベントダイナマイト関西には初回から参加、優勝経験がある。
その他各種イベントやMBSラジオ『スッごい!おとなの時間』など数々共演。野性爆弾、
ザ・プラン9、友近らと共に、バッファローファミリーとも称され『アメトーーク!』などで
取り上げられた。また、FUJIWARAともテレビ大阪『吉本超合金』で共演。後番組
『吉本超合金K・ケンコバ大王』は初冠番組。

2001年4月から『見参!アルチュン』・『?マジっすか!』(共に毎日放送)に出演。中高生の間で
知名度を上げる。さらに毎日放送の昼の情報番組『ちちんぷいぷい』のレギュラー出演で
一般層に知られるようになる。

2006年夏には『ケンドーコバヤシのオーサカ夜キング』(毎日放送)が放送。同番組には陣内、
たむけんをはじめ、元相方村越周司など、コバヤシ所縁の多数のお友達ゲストが日替わりで
登場した。

2003 - 2005年にかけてテレビ東京のハロープロジェクト関連の番組、ダウンタウン司会
『考えるヒト』(フジテレビ)など、全国放送のテレビ番組に出演するようになる。

2006年には『アメトーーク』で後述の「越中詩郎大好き芸人」が大受け。
『人志松本のすべらない話』、『やりすぎコージー』『ゴッドタン』『明石家さんちゃんねる』
など露出も増え、知名度を全国区にする。

2007年8月、ダウンタウン松本の兄、取締役松本隆博プロデュースでメッセンジャー黒田との
音楽ユニット「コバクロ」結成。デビューソングは「わくわくしない世代」。

また、映画『パッチギ!』『ヤッターマン』や、ドラマ『BOSS』など、俳優としての起用も徐々に
目立ちつつある。自身の俳優の仕事を本人曰く、「人妻の危険なアルバイト」とのこと。

テレビ上でのキャラは嘘付きで、見た目の風貌で怖い人と思われがちで、自身でも適当で不真面目
な人を演じているが、実はやさしくておもいやりがあって吉本一の紳士と言われる。
芸人仲間の為に涙を流すことも多く、情に厚い男として見られている。

大のプロレス好き、漫画好き、バイク好きである。


仲の良い芸人はの陣内智則たむらけんじバナナマン日村など。千原ジュニアにかわいがられている。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。