有吉弘行

ここでは、「有吉弘行」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
所属事務所:太田プロ
メンバー :有吉弘行 ピン芸人 (1974.5.31生まれ・A型)


広島県安芸郡熊野町出身。広島県立熊野高等学校卒業。
実家は熊野筆の軸の部分を製造する工場。
名前の読みは「ひろゆき」ではなく、「ひろいき」である。



1993年3月2日放映の、読売テレビ『EXテレビ』の企画「公開弟子審査会」に合格し、オール巨人に
弟子入りする。しかし、他の弟子との喧嘩が原因で、謹慎を命じられる。謹慎扱いとなった有吉は
1994年に森脇和成とお笑いコンビ猿岩石を結成し、猿岩石のボケ担当としてデビュー。

1996年に「進め!電波少年」のヒッチハイクの旅で話題になり、帰国後、大ブレイクする。

誰もが知る人気者となり、CDや著書が爆発的に売れるも、ほどなくして人気は低迷し仕事が激減。
7、8年間、広島のローカル局での出演以外は仕事が無く、経済的に自活することもできずに
食事などは上島竜兵らの世話になっていた。

2004年3月に、森脇との方向性の違いで猿岩石を解散。ピン芸人として活動を始める。

2004年頃から、内村プロデュースに度々出演。幾年ぶりの全国区の番組への出演となった。
同番組内では「猫男爵」「笑わないキング」といった名物キャラクターも生まれた。不遇の時代、
有吉のことを面白いと認めてくれていたのは内村光良、さまぁ〜ず、ダチョウ倶楽部だけであり、
それが芸人を辞めなかった唯一の理由だと語っている。

2007年ごろから、他のタレントや芸人に対しての「あだ名の命名」が注目され始め、「毒舌芸人」
「イジり芸人」として多くのバラエティ番組に出演。再ブレイクを果たしたため、「一発屋」
ではなく「二発屋」という異名を持ち、本人も度々名乗ることがある。「一度目は芸人として
売れたわけではない」との理由で、「1.5発屋」と名乗ったこともある。

その後順調に仕事は増え、2011年にはメディアの調査・分析を行うニホンモニターの調査による
『2011年テレビ番組出演本数ランキング』において、出演総本数499本で1位となった。

再ブレイクしたキッカケは内村プロデュース、リングの魂の柔道企画等、ウッチャンナンチャン
両氏に使ってもらったおかげと答えている。その際、内村プロデュースに関して「売れてない
時期があったからこそ当時のレギュラーメンバーの凄さに気づく事ができた」と答え、
内村光良、さまぁ~ずの三人について、三人は命の恩人と答えている。

体調が悪い時、生放送中の番組内で吐いたことがあるが、吐いた瞬間、ゲロを手でキャッチして
ポケットにすぐさましまうという神業をやってのけた。

私生活が、肉しか食べない、ヘビースモーカー、酒を浴びるほど飲むという、不健康極まりない。
毒舌キャラで知られているが、後輩思いなところがあり、同じ事務所の後輩のトップリード
キングオブコント決勝が決まった時は祝儀を渡した。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。