気になるお笑い芸人さんのプロフィール、最新情報など。随時情報はUPしていきます!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カンニング竹山
所属事務所;サンミュージック
本名 竹山隆範 ピン芸人 ・ 1971年4月2日生まれ ・ O型


福岡県福岡市城南区出身。福岡県立早良高等学校卒業。
元カンニングのボケ担当。俳優としても活動。
福岡県福岡市城南区出身。吉本興業→渡辺プロダクション→個人事務所(事務所名不詳)
→サンミュージック企画→フリーフォークス(MANZAI-Cの個人事務所)を経て、
サンミュージックプロダクション所属。
同期は博多華丸・大吉FUJIWARA千原兄弟など。

高校卒業してから上京して、大学卒業後に芸人になるつもりだったがつもりだったが
大学(高千穂商科大学と帝京大学)を不合格になり、予備校に通う。 1990年、浪人中だった
小学校の同級生であるケン坊田中と「ター坊ケン坊」を結成しTNCのオーディション番組
「第1回お笑いめんたいこ」で優勝。翌年1991年に正式にデビュー。博多華丸・大吉や
コンバット満らが同期に当たる。その後コンビを解散し、仕事が減り単身で逃げるように上京、
たまたま東京の定食屋で、当時まだ板前を福岡でしていた小中学校の同級生中島忠幸と再会する。

1992年、中島と組んで「カンニング」を結成し渡辺プロダクション所属となる。その後独立し
個人事務所を設立したがうまくいかずサンミュージック入り。当初お笑い芸人はカンニング
のみだった。その後フリーフォークス所属からぶっちゃあの呼びかけでまた
サンミュージックに出戻る。

2004年、冬に中島が白血病のため入院。コンビ活動を中断し「カンニング竹山」として
単独で芸能活動を開始。2006年12月20日、療養中の中島が死去。以後ピン芸人
「カンニング竹山」として芸能活動を続けている。

2007年3月30日、結婚。竹山は本当は3月30日が誕生日であり、同学年より一年多く過ごせると
いう理由により親に4月2日を誕生日にされたのだという。モヤモヤした気持ちをこの日付に
持ち続けていたため、この日を結婚記念日とした。

2008年、役者として初の役名(藤井哲男役)付き映画となる『イエスタデイズ』に出演。

アンタッチャブルの山崎と仲が良い。
先輩のダチョウ倶楽部・上島竜兵と仲がよく竜兵会にも所属しており、上島と「キレキャラ」
「いじられキャラ」の芸風が若干似ている。

実家が金持ちなのは有名は話だが、竹山は父親の職業を知らない。父はすでに他界しており、
竹山の夢は父親の職業を知ることだという。竹山が18歳の時に父親に応接間に呼ばれ、
父親がバッグをひっくり返したら1億円が出てきた。そして「金の数え方を教えてやる」と言われ
金の数え方を伝授された。帯つきの100万円の束の中から1枚だけつまんで宙づりにしても
札束がバラバラにならなければ100万円で、札束から1枚でも抜いてあると、宙づりにした
時に札束がバラバラにくずれてしまうとのこと。
また金儲けの極意として「いいか、法律ギリギリが一番儲かる」と伝授した。
実際、父親は警察の世話になったことは生涯で一度もないとのこと。

小さい頃からバイオリンを習っており、バイオリンは体に合わせた大きさのバイオリンを
使わなければならず、体が大きくなるごとにバイオリンを買い換えていた。そのバイオリンの
値段は1挺100万円はするものだった。


【相方:中島について】

ようやく芸人としてブレイクし、テレビ等での露出が増え始めた2004年の年末に中島が
入院。入院後も竹山は中島とふたりで頻繁にネタの相談をしていたため、必然的に
出演料も2人で分けるべきだと考えていたことから、竹山は自分一人での仕事のギャラの
半分を中島の治療費にあてていた。
竹山はすでに同棲していた現在の妻との入籍も、「中島が治るまでは」と先延ばし、
長い交際、同棲の末に結婚したのは、中島さんが急逝したあとだった。
「カンニング」の看板は、芸人を続けているうちは下ろさないと決めており、誰かと
組んで漫才をするということも絶対にしないと、決めているという。
スポンサーサイト



鳥居みゆき
所属事務所:サンミュージック
メンバー 鳥居みゆき ピン芸人 1981年3月18日生まれ・O型



家族構成は父、母、姉一人。
中学校では卓球部に所属していたが、ラリーが出来ない為得点係となる。だが点数ではなく
セットカウントをめくってしまうのですぐに時計係に回される。試合経験はなく
倉庫で壁打ちの日々であったと言う。
中学時代、昭和のいるこいるをライブで見て「お笑いって何をやってもいいんだ」と
お笑いに目覚める。芸人になれば変な行動をしても大丈夫(まともに見える)なのではと
思うようになる。
中学時代には姉と一緒に読者モデルを始める。

高校3年生当時まで友達が一人もおらず、友達を作りたくてお笑いを始めるが逆に
人が遠ざかっていったという。そのような中でも色々話したいことや表現したいことを
書き溜め、そのうちにそれを発表するために舞台に出たいと思い、卒業後、18歳の時に
ラブ守永に誘われ『松みのるお笑い塾』というお笑い養成所に入る。約1年間通い、
その養成所時代にライブに初出演する。その養成所の講師から「ダメ出ししようがない」と
言われたことがある。
その後、姉の伝手で最初の事務所(S&D Studio)に所属する。基本的に俳優・
モデル系事務所の為、当時お笑い部門は鳥居みゆき一人だったという。

2001年頃に、アコムのイメージキャラクターオーディションの最終選考まで残るが落選
(面接で「これに落ちたら本当におたくのお世話になる事になります」と言ったのが
落選理由ではないかと語っている)。このことはネタ「妄想結婚式」にも取り入れられ
たり未だに話題にする事もある(この時選ばれたのは小野真弓)。

2002年にラブ守永とコントユニット『ラモンズスクイット』を結成するが鳥居の作る
ネタに守永が付いて行けず短命に終わる。

2007年春頃、年上の会社員と結婚。既婚者であることは、2008年4月に本人の口から
突然発表され、この時まで、所属事務所のサンミュージックを含め関係者も一切
知らされていなかった。

2007年、GyaOのカンニング竹山が出演するカンニングの恋愛中毒へ出演する。
その動画がたちまち2ちゃんねる等ネット上で話題になり、ブレイクのきっかけとなった。
その後も過去、現在の様々な動画がネット上で公開されている。

2008年2月、ピン芸人の頂点を決める大会、『R-1ぐらんぷり2008』(参加人数2731人)にて、
有力候補者たちの予選敗退が続出した混戦を潜り抜け、自身初の決勝戦進出を果たし、
451点で8人中6位となった。その際に、審査員のダンカンから「これからどう進化して
いくのか非常に楽しみ」と、希望を持った評価を受けた。
翌2009年にも決勝に進出し8位となる。

2009年4月、『ザ・イロモネア』の企画「ピンモネア」で史上初となる100万円獲得を達成。

2010年10月、M-1グランプリ2010に、飛石連休・藤井宏和と組んでのコンビ
『大型連休』で出場。

取得資格は、第一種普通自動車運転免許(AT限定)・商業簿記2級・工業簿記1級・珠算準1級。
趣味特技は、被害妄想・般若心経・利きティッシュ・ポンピングブレーキ。
先端恐怖症のため、指先などを避ける。注射は針先が苦手なだけで穿刺される事は平気である。

ユリオカ超特Q、サンドウィッチマンの伊達みきおと仲が良い。
極度の偏食である。米が苦手であり、小学校4年生の頃から食べていない。米の代わりに
パスタやラーメンを食べ、野菜の代用は煎餅のサラダ味である。菓子が大好きで主食の様に
大量に食べる。カルボナーラや菓子への拘りは強い。
紅生姜の小袋を大量に持ち歩いている。本人曰く「紅生姜はフリスクの代わりでフリスクは
紅生姜の代わり」。
アルコールには弱い様である。
愛用の香水は「サムライウーマン」。
好きなファッション・ブランドはヴィヴィアン・ウエストウッド。バッグ、財布、
アクセサリー等多数所有。
比較的動物好き。過去にハムスター数匹(名前は「ミカド(帝)」「ヨーグルッペ」等)、
コウモリなどを飼っていた。
喫煙者。ヘビースモーカーで愛用の銘柄はマールボロ・ライト・メンソール。
かなり視力が悪く、コンタクトレンズ・眼鏡を使用。

現在の夫と結婚する前は、女性と交際していた。相手にお金をもらっていたという。



タイムマシーン3号

所属事務所:アップフロントエージェンシー
メンバー  :山本浩司(1979年6月22日生まれ・ツッコミ)
        関 太(1979年8月5生まれ・ボケ)


コンビ名の中の「3号」は関が一日に食べるご飯の量(3合)からけた。
パンを3斤食べていたら「タイムマシーン3斤」になっていたと語っている。
「タイムマシーン」の方は弾みでつけた。
「関 太」はハチミツ二郎(東京ダイナマイト)が命名して、芸名を変更した。

爆笑オンエアバトル第10回チャンピオン大会のファイナル(横浜)の収録日前日、
関の住む部屋の上階から出火。帰宅すると消火活動のため部屋に入ることができず、
翌朝水浸しの部屋に入り衣装を持ち出し、収録に臨んだ。結果は4位だった。
DVD「青春18キック」に収録されているギターを弾き歌う二人の特典映像に、当時の
山本の恋人が映っている。
知名度が低いため2010年12月14日放送の「ロンドンハーツ」で田村淳からは
「無名な芸人」、彼女がいるが二股行為を行うかを実験した山本を「芸人ではなく、
あくまで一般人として見るように」と言われている。
オンバト+第2回チャンピオン大会の収録の二日前、ラジオの生放送中にファンから
ビックリマンチョコを差し入れされた。開封したところ、山本はスーパーゼウス、
関はお守り天使ちゃんのシールが入っていた。山本はスーパーゼウスを胸ポケットに入れて
ファーストステージに挑んだが、決勝のときに前の衣装の中にシールを入れ忘れてしまった。
出番直前に関に指摘された山本はダッシュで楽屋へ駆け戻ってスーパーゼウスを手に取り、
そのまま駆け足で舞台に走り込んでネタをした。

ネタの形式は多様であり、統一した形式や、芸風として括れるほどに共通するパターンは
見当たらない。本人たちがパターンに陥ることを良しとしていないためである。
ネタでは山本がツッコミ・関がボケを担当するが、ラジオ番組などトークにおいては
スタンスが逆転し、関が進行し山本が話を広げる。
大抵肥満体の芸人は、ボケ担当の相方にいじられる(三拍子など)という手法が主流だが、
自身がボケ担当の関は、自らネタにしたボケをする。
過去には、登場時のツカミとして、関が「がんばれ半袖、負けるな短パン!」と言ってから
ネタに入っていた。
関のオタク系みたいな印象からか、ドラゴンボール、クマのプーさんなどのアニメネタが
多かったが、近年ではそういった傾向は薄れている。

【受賞歴】

2005年 M-1グランプリ7位
2010年 第9回漫才新人大賞優秀賞
2012年オンバト+第2代チャンピオン



【パーソナルデータ:山本 浩司】

新潟県新潟市出身。
実家は美容室を営んでいる。
2011年頃からは特にボケる頻度が高まったことから、「元ツッコミ」と自称する
こともある。
小沢一敬(スピードワゴン)と仲がいい。
高校時代サッカーをしていた。(北越高校で副キャプテンで新潟県大会ベスト4。)
セルジオ越後を抜いたことがあると豪語している。
邦画・洋画問わず、映画をよく見ている。
部屋で観葉植物を育てている。

【パーソナルデータ:関 太】

本名および旧芸名は「関 智大(せき ともひろ)」
群馬県中之条町(旧・六合村)出身。
ステージ上では年中半袖短パン姿。
ハチミツ二郎(東京ダイナマイト)主催の二郎会の主要メンバー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。